一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

つぶやき

働くことが好きだと言うんだ

今朝、団地の広場の清掃に参加した時に、同じ棟に住むおばちゃんに話しかけられて言っていたよ。 「自分は少し前まで介護の仕事をしていて、病気で耳が聞こえづらくなってしまって、辞めざるを得なかった。介護の仕事は向いていたと思うし、好きでもあったか…

友達との関係性

数日前に駅で見た光景が切っ掛けで、「久々に友人でも誘って遊んでみようかなぁ」と思い立ち、今日呼んでみた。 といって、お互い何処かへ出かけるようなタイプではないし、自分はお金が無いので、いつも通り家でゲームに興じるという、やや古典的?な遊び方…

人間関係は悩ましい

人の身の上話を聞くと、動揺したり、あれこれ考え疲れてしまう自分がいる。 仕事や趣味の努力や成功した話。友達、恋人関連の話。家族、子供との話。 これがポジティブな話であれば、自分の身の上と比べて劣等意識が出てくるし、ネガティブであれば、そのこ…

酒を飲まないなんて人生半分を損している。

とかいう記事があって、安達祐実氏が反論、コメントにも「価値観は人それぞれだ!」とかいう内容で溢れていた。 それはどうでもいいのですよ。それよりも「半分」って何だ?ということの方が気になる。 「酒の美味さを味わえないなんて、君はかわいそうなや…

偏屈への道

勉強するとき時々ラジオを聞くんだけど、今日やっていたのが、お寺好きを繋ぐイベントを主催している人の話。 更にそこから発展させて、お坊さんまで含めた合コンまでやっているのだとか。 「え~当初は罰当たりだとか言われましたが~」とか言っていました…

自分の事がわからない

昨日職員と話した時にポツリと漏らしました。 「自分のことが何にもわからない」と。 そしたら、「じゃあここに来て自分を見つけていこう」と言われました・・・。 何となく来て、1時間そこらの講義をして、余った時間はビーズを詰める訓練だとか、パソコン…

酷暑

いや~暑い。殺人的な暑さである。 ネットで作り方を調べ、人体実験も兼ねて、お手製の経口補水液の効果を試してみたが、これが実に不味い・・・。 しかし効果はあるようで、ただの水と比べると持続時間が長く、疲れも感じにくい。 いや、それよりもいつもの…

熱中症

最近異様に外が暑く、外の温度計を見ると40℃を超えることも珍しくないので日中に運動に出ることを控えている。 流石に夕方なら少し気温も下がるので運動に出ると、あまり暑さを感じない割にはやたら汗が流れ出ていく・・・。 汗が流れ出ていく割には、それほ…

働くことについて

それが今日のテーマでした。 働くことで自分にどのような変化があるのか?何が得られるのか?どこにやりがいを感じるのか?働く上での不安要素は何か?こういったことを考え、話し合う時間でした。 で、いつも通りのそんなことより今日はスタッフ・・・とい…

普通という受け皿

就職活動というのは自分の感覚としては、働いて金を得て、自立するというよりは、「そこに入れるかどうかを試されている」そう思えてならない。 支援会社は「あなたにあったやり方で」とどこも言っているし、実際にどうなのかはわからないけど、角が立ってい…

赤い星

非常に目立つ赤い星がある。 火星である。この目で見て、よく聞く通り赤いというのは本当のことなのか!と改めて思う。 数年前に見た時より明らかに大きいんだけど、接近しているとかそんなところなんだろうか? もう少し近づいてくれれば、模様まで確認でき…

人と親密な関係を築きたくはない

人付き合いってずっと変化の無い関係って多分無いと思うんですよ。 相手か、はたまた自分か。 環境か感情か、どういう変化かにもよりますが、変化が起きるとこれまで通りの関係を続けていくことが難しくなることもあると思います。 その変化の流れをどうにも…

墓掃除

前にも書いたような気がするんだけど、散歩の通り道に墓地があるんです。 住宅街の一角にひっそりとある小規模の墓地で、墓参りをしている人を時々見かけますが、その半分近くはもう手入れをする人がいないのか、草や花に覆われてしまったり、供えの花もすっ…

自分より劣る人間は

無条件に自分を肯定してくれる気がする。 自分が他者より優れているという実感を得るには、やはり自分より劣る他人が必要不可欠だろうか。 何故なら「優れている」とか「劣っている」とかいう判断は比べる相手が必ず必要になるからだ。 世界に自分一人しかい…

これからどうするの?

どうも先日就職支援会社で言われた「これからどうするの?」が引っかかってしょうがない。 勿論この意味は「体験者ではなく、正式に登録するのかどうか」ということだと思う。ひょっとしたら広義の意味もあったかもしれない。 逆に聞きたい。どうしたらいい…

三回目のダークサイド

またしても親知らずがダークサイドに堕ちてしまったので、抜歯を決意。 もうこれで三回目なので、今更何を恐れることがあるのかという感じなのですが、何回やっても内心穏やかではない・・・! 最初が下顎に横向きで、その次と今回は上顎に真っすぐ生えてい…

刺激に弱くなった

学生時代からそうではあったんだけど、最近外部からの刺激に滅法弱くなってきたと感じることがある。 日々就職支援会社に通ってはいるんだけど、電車内や駅の人込みで大変なストレスと疲れを感じるし、到着してもそこにはグループがあってその中でやっていく…

譲り合いの精神

散歩をしている時に最近思うのは「道を譲ってくれない」ということ。 昨日は自転車に乗った女子中学生6人程の集団がたむろっており、どきもしないから空いた隙間を縫うように通り抜けたり、今朝は子連れの母親がこれまた狭い道におり、子供がうろうろして動…

邪悪な感情

自分に一体いつ頃邪悪な感情が芽生えたのか。 表面から見える情報なんてのは、所詮ごくわずかで偽ることだってできるわけだ。 腹の内では何を考えているのかは、到底わかるはずがない。 第一印象で真面目な人と思われると損かもしれないです。 そう思われた…

上手くいった話なんて書くものか!

お前が今までずっと悩んできた事とは何だったのか! もう死ぬまで悩み続けるだろうと考えた覚悟とは何だったのか! そんなにあっさり解決することだったのか! そんな心の声が聞こえてきそうである。 確かに辛い事ばかりで、実際に困窮することだってあるだ…

人それぞれの幸せの形

弟が母の日のプレゼントと一緒に写真を添付してきた。 かつて彼が遠く離れた地で、寂しい大学生活を送っていた時は、単位が取れるのか!?留年か!?というギリギリの状態にあり、自分もニート状態で日々悩み続けて、そんなものだから電話でダメ人間トークに…

孤独になるのはとても難しい

毎日池の側を通ると、これまた毎日釣り人が十数人くらいいる。 それまでは「こんなチンケな池で釣りなぞせず、海や川に行けばいいのに。そっちの方が自然豊かで充実した時間が過ごせるじゃないか。」とか考えていた。 大体水が濁った緑色で大変生臭いし、見…

良い声の男

夕方にラジオを聞いていると、何かの紹介の時に「いい男の声」が聞こえてくるんだ。 その声を聞いて知的なビジネスマンなんかを想像して、「う~ん良い声だ」とか考えているんだ。 そして最後にその声の主が「温水洋一でしたぁ~」と言うんだ。いやぁ~そう…

ダメだった

今日も就職支援会社の体験会の予約を入れていて、今までは責任感で何とか頑張ってきたのだけど、今朝猛烈に行きたくなくなってしまって、謝罪の電話と代わりの予約を入れる事態にしてしまった。 確かに休めば一時の安堵は手に入るけど、同時に自分のダメな部…

進展がないんだよなぁ

明日も就職支援会社の体験会に参加しなければならない。 朝の混雑する時間帯且、都心へ向けて行かなければならないので、すんごい行きたくないわけですが、予約を入れた以上責任を持たなければいけないのが社会人としての求められるべき姿なんだろう・・・。…

亀さんと「もし」

池の側を通るたびに亀の数を数えている。特定の場所だけに大体10匹前後いつも屯っているのが確認できる。 亀にも性格があるのか、こちらを見つけるや否や、一目散に水中に逃げるやつもいれば、全く意に介さないものもいたり、一応様子を伺うやつもいる。 夕…

今までで一番綺麗に見えた

数か月前から木星が姿を現すようになったので、度々見ていたんだけど、今日のは最も綺麗に見えた木星だと思う。 あるような・・・無いような・・・という感じではなく「はっきりと」大赤斑を見ることが出来ました。望遠鏡の性能より、環境の方が圧倒的に大事…

池の周りはゆったりとした時間が流れている

最近散歩コースを増やして、二か所の池を通る道をよく歩いている。 天気の良い日には老人のグループが屯って談笑していたり、釣り人が暇そうに竿を垂らしていたり、カモが水の上を漂っていたり、陸地で集団になってボーっとしていたりする。 後、亀が多い。…

気分が沈む

かつての母校の小学校の前を通った時、体育の授業なのか、楽しそうに運動している姿があった。 小、中、高と学生時代を思い返してみても、嫌な記憶ははっきりとしているのに、いい思い出は全然思い出すことが出来ない。 特に体育の授業は悪い思い出の最たる…

自分の知らない見慣れた光景

さっきニュースを見ていて、母親のミイラ化した遺体を息子が隠していて・・・とかいう話があって、場所を見たら、そこの家の前をいつも散歩で通っているんだよ。 いつもの見慣れた光景、何気ない日常の裏に、何が起こっているのか本当にわからないものである…