一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

やっぱり働きたくない

暇だからなんか書くべ・・・。

最近、仕事をなんとか頑張っていこうという気持ちと、やっぱ無理だという気持ちが交互に出てくる。

で、結局自分の体力、気力、生活のペース、リズムを全て奪われている事を思うと、やっぱり働きたくないと。

ただ全く働かないのも、それはそれでキツイだろうからもう少しペースを落としたい。

具体的には週三日の労働とか。

やってやれない事はないだろうけど、金銭面や将来の問題が残るし、「こんな若い人が何やってんの?」という視線も痛い。

支援機関でも指摘されたし、面接の時にもやっぱり言われてしまった。

自分の作った飛行機模型群を見て、昔はこれくらいやってのける程、余裕があったんだなぁと思ってしまった。

もう今となっては作る時間と、何より気力が無い。

だけど、生活するにも趣味に興じる事もお金が無きゃあ出来ない事も事実。

日本的な就労のあり方についていけないんだといろんな人に相談しても

「は?何言ってんの?」というような反応しかされない。

何故、来る日も来る日も長時間拘束され、疲れ果てねばならないのか。

何故、皆悩みつつも5年も10年も続けていけるのか。

不謹慎ではあるけれど、いっそ自分の寿命を自分で決められたらいいのかもしれない

自決する覚悟なんか無いので、残りの時間を自分で決めるんだよ。

そうすれば、毎日を大切に真剣に生きることが出来るような気がする。

何にせよ、変えるためには行動しなければならない。

されど、何をどうすればいいのかもわからない。

何かきっかけがあれば変われるんだろうか?

年明けから残業時間が増えるので、仕事始めの事を考えると恐ろしいな