読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これがッ!人生ッ!!

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

R-Type Dimensions

あのR-TYPER-TYPEⅡがカップリングリメイク!?という話を聞いてXBOX360版をダウンロードしたのが、数年前の話。

f:id:evange-cr-c89e:20160803074213j:plain

キー設定が出来ない

連射があまりに遅い

グラフィックが3Dになったのはいいけど、BGMは当時のまま

等々不満点があり、PS版のR-TYPESでいいじゃんと思っていた。

 

それからさらに数年後、先日シューティングゲームサイドVOL.9を読んでいたらPS3版のR-Type Dimensions には上記の不満点が全て解消されていると言うではありませんか!

ただ、「BGMは当時のまま」と不満点に上げましたが、いざアレンジされると聞いて不安しかなかったのです。

音楽的知識やセンスが無いので上手くは言えないですけど、あの独特の金属的、不気味な感じの曲を損なうことなくアレンジされる様子が全く想像できなかったのです。

果たして予感は的中・・・。

好きな人には申し訳ないですが、ダンスミュージックみたいなアレンジになっていて不気味さの欠片も無いのです。

R-TYPEミュージックが全部スポイルされているようで、これは無いだろうと

ゲームサイドR-TYPEミュージックにはドラムパートが無いだの書いてありましたが、それが追加されていて曲がアップテンポになり益々違和感が。

しかし、これがR-TYPEⅡになると元が地味なBGMだったせいか、アレンジ版でちょうど良いくらいと思えるから不思議なもんです。

 

更に効果音もアレンジされていて、これが「ガンッ!」「ガガガッ!」みたいな音でコレだけ妙に音量が大きく、やかましい事この上ないのです。

小さい敵を倒した時の「ピロリ♪」みたいな音が好きだっただけに残念だなぁ。

一応、BGM、SE別々に音量調節は出来ますが、SEを下げるともれなく他の効果音も下がりますから解決になりません。

R-TYPEには生物系の敵が登場するのですが、連中まで「ガンッ!」「ガガガッ!」なので、こちらも凄い違和感が・・・。

 

このゲーム、グラフィックとBGM、SEを当時のものとアレンジ版を切り替える事が出来るんですけど、グラフィックをアレンジにすると強制的にBGM、SEもアレンジされてしまう点もマイナス。

 

確かに360版から改善したところも多々ありますが、個人的に新たな不満点も出てくる形になってしまいました。

とは言え、アレンジが気になる人には当時のままプレイすることが出来ますし、ゲーム的に破堤している部分も無いですから後悔はないですね。

パターンさえ掴めば、楽々先に進める。いいゲームですよ。

特にⅡはAC版と比べて所々難易度が若干下がっていて、1面や2面等で後ろから敵が来なかったりします。

攻略に関してもステージセレクトを完備し、ボタンを押している間は処理落ちが掛かる「スローボタン」を搭載(PS3版のみ)

オン、オフ問わず、R-TYPE LEO以来の協力プレイも出来ます。

残機無限、その場復活でいかに少ない損害でクリアするか競う「インフィニティモード」がありますから、誰でもクリアできます。

 

 

とは言うものの、シューティングゲームって人に勧めにくいですね。