一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

あなたの発想次第で走らせることが出来る!そう、リアルミニ四駆ならね

リアルミニ四駆製作第3段「スピンコブラ

f:id:evange-cr-c89e:20160930070745j:plain

第1段「ディオマース・ネロ

シールの切り貼りが大変でした。

第2弾「プロトセイバーエヴォリューション

シールがちぎれました。

 

ミニ四駆のシールにいい思い出はありません。

 

記憶に間違いがなければ、リアルミニ四駆シリーズ第1段だった気がする。

それ故か、後発のキットが無改造で乗せられるようなシャーシにも加工が必要な点やパーツの合わせ目が目立つ。

ギミック、乗せ換えを考えると「スピンバイパー」がリアルミニ四駆の集大成何だと思う。

しかし、今現在バイパー先生を入手しようなどと考えるなら、相当な出費を覚悟しなければならない・・・。

 

とは言え、「ブラックスペシャル」であれば、あまり人気が無いのか多少入手しやすくなる感じ。

 

 

現在でもかなりの人気の車種なので再販されないだろうか。