一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

ブロガーは・・・無理だ!

ブログ書いていたらその時点でブロガーなのかもしれませんが、しかし定義がよくわからない。

 

他の人が何を考え、どう生きているのかが気になって、いろんな人のブログを見て回ったりします。

 

そういう方って、何か人の注目を集める強みみたいなものを持っているんですよね。

人生経験であったり、考え方であったり、突き詰めた趣味であったり、私生活とか、書評とか。

いつかは自分もそうやって人を集めて、あわよくば収入に繋げられたらと、ロクでもないこと考えていましたが、自分には無理そうだ。

 

まず、本格的な収入に繋げようなんて考えたら、趣味が仕事になってしまう。

ちょこちょこ本を読んだりするので、試しに書評でもと思いましたが、読んだ内容を整理し、自分の言葉で語ることができない。整理と組み立てって難しい・・・。

 

ブログやSNSを通じてイベントに参加したり、コミュニティを築いたりして、そこから新たな道筋を作っていく人もいましたが、「人の集まる場所」「何かに参加する」「集団行動」みたいなことがダメなのでコレも却下ですねぇ・・・。

何せスーパーへの買い物でさえ、慎重を期すので。

あれは何時くらいが人が少ないんだろうね。

意外と早朝は混んでいた。閉店間際だと商品が無くなるし。

 

友人の東京ゲームショウの話を聞いた時にも思いましたが「○○のイベントに参加してきました」って、「よーそんなことできるなぁ・・・自分は周りが人だらけってだけでストレス死しそうになるよ」と常々感じます。

 

そうなると失敗と挫折による自虐ネタしか残されていない!

今後益々そういう話が増えていくことだろう。

人は成功体験や自慢話よりも挫折と失敗の話の方が面白っがてくれるとは世の常である!

ある意味自分のためのカテゴリーじゃないか。

何故かそういうことに限って筆が進んでしまう・・・。

 

後はいつも通り趣味とか個人的な適当な事を書いていくのが身分相応なんだろうなぁ。

 

そこまでブログを大きくしていこうと考えるならば、明確な目的意識が必要なんだと思います。

ただ、なんとなく「ああ、したいなぁ」「こうしたいなぁ」では恐らく無理だということ。

 そこが自分との大きな違いなんでしょう。