読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これがッ!人生ッ!!

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

ダークソウル3 初協力プレイ

高齢の方だって頑張っているんだ!

まず一周クリア!とりあえず一周クリア!(いつもそんな事を言っているような)を誓い数日・・・。

ボスに玉砕し、闇霊にボコボコにされつつも、下手でも下手なりに進めるもので、チキンプレイを駆使し「冷たい谷のイルシール」なる場所まで来ました。

 

f:id:evange-cr-c89e:20161030010256j:plain

 

なんかすっごい綺麗な所に来たよ!と歓喜するも、いよいよもって敵が本気を出してきた。

闇霊の襲撃が不安ではあるけれど、試しに応援を読んでみる?とここで初めて白霊を召喚。

案の定、広場のような場所で闇霊に襲われる!

いや待て!2対1だ!俺にも勝機はある!と頑張っていたんですが、そこにさらに敵モブの襲撃が加わり、時を同じくして青い人も参戦!

何処からともなく火炎放射攻撃まで飛んできて、わけのわからない乱闘に発展しました。

これがカオスか!

結局味方は全滅。モブと闇霊を相手にできるスキルなぞ、あろう筈もなく「無理ゲーや!こんなの!」と叫び昇天。

いや~でも、あのわけのわからなさ加減は面白かったね。

今まで少々避けつつも、こういうオンラインでしか味わえない楽しさがあることを認める一方、やはり探索メインのプレイスタイルとはイマイチ合わないかなぁとも思う。

 

宝があるよ!と一喜一憂するアイテム回収。

メッセージを書いて見たり、それを評価してみたり。

道に迷ってみたり。

景色を眺めてみたり。

この先には何が・・・と恐る恐る入る未開の地。

あいつは強いのか?と弓で調べてみたり。

これらを堪能しようとするとやっぱり時間が掛かってしまう。

時間を掛ければ掛ける程、闇霊のリスクも上がってしまう。

責めるわけではありませんし、頼もしくもあるのですが、白霊さんが単身突撃し、敵をなぎ倒し、アイテム回収するだけの作業になってしまうことも。

ヤバいところに来た・・・という緊張感が無くなってしまう。

 

あまり長々と探索とかに付き合わせるのも悪いですし、そう考えるとやっぱり一人が気楽なのかなぁと感じる瞬間でもありました。

 

ところでアンリ君の装備はいつぐらいに貰えるのか。

ダークソウルでは大変お世話になった装備なので是非欲しいところ。