読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これがッ!人生ッ!!

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

難し過ぎる友達つき合い

事は早くも午前10時の待ち合わせから起こった。

本当は「楽しい時間は過ぎるのが早いから、待ち合わせは9時にしよう」と言われていたが、こちらの諸事情で申し訳ないがと10時にしてもらったのだ。

 

しかし、待てど暮らせど来ない。寒い・・・。電話を掛けたら向かっているとの事。

結局到着したのが、30分程遅れた頃。理由を聞いたら、伸びた時間に部屋の掃除をする。そういうことに集中していると遅れることがあるかもしれない、事前(三日程前)にそう言ったよね?とのこと。

 

確かに聞いてはいたが、笑いながら半ば冗談めかした口調であったので本気とは思わなかった。

こちらは確実に遅れることがわかったからこそ、一時間前に電話をして謝罪しているのに「かもしれない」などとのたまり、わかっているにも関わらず遅れるとの連絡も一切無し、指摘しても上記のことを事前に言ったの一点張りで、全く悪びれた様子はない。

この時点でそうとうストレスが溜まっていたが、この後7時間を共にすることになる。

対立するのは時期尚早と流すことにした。

遅れることはいいんだ!一言連絡があってしかるべきではないのか。

でも、まだ終わらない。

 

その後、昼飯を買いにスーパーへと出かけたんだけど、唐突に弁当二つをカゴに入れ、「これ、お前の奢りね」

そんな話は一切出てきていない。ふざけんな!とブチ切れそうになるのを必死に堪えて、いや意味が分からないから自分で払ってと説得して、なんとか事なきを得た。

疲れる・・・。

 

家に着いてゲームで対戦しようものなら、こちらが弱く対戦しても退屈だと。

(これには同感。あまりに不甲斐なかった。年甲斐もなくちょっとイライラもしていたし、時々応援するような声を掛けてくれていたので、気を遣わせてしまったかもしれない)

ゲームを変えると立場が逆転し一々文句を言った挙句、3D酔いしたから寝ると2時間近くイビキをかく始末。

許可していないのに勝手に居間に上がろうとする。

何をしに来たんだお前は・・・!

 

最初の発言を思うに結構楽しみにしていたのであろうが、予想外で、あまりに退屈な結果の態度だったんだと思う。

何か他の提案を申し出てみるも、「いや、いい」と返されてしまったし、どうすることもできないよ。

怒り半分、申し訳なさ半分の何とも言えない気分の一日だった。

 

以前別の友人に調子に乗って、苦手だと聞いていた格闘ゲームでの対戦につき合わせてしまって、場を白けさせ非常に後悔したことがあったが、それ以上かもしれない。

 

人つき合いって難し過ぎる。

どうすれば良かったんだ。どうしたらバランス良く、楽しく過ごせるんだろうか。

人生における一つの課題である。

ここ最近上手くいかないことばかりだ、もうそろそろいい話があってもいい頃なのではないだろうか。