一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

信号無視と通せんぼ

昨日は老人が赤信号を(車が来ていなかったとはいえ)堂々と渡り、今日も老夫婦が信号無視。

「点滅しだして老夫婦が走り出した。あ~残念!赤信号」とか考えていたら、交差点に既に車が止まっているのにもかかわらず、「まだええやろ!」と言わんばかりの信号無視。

数ヶ月前にも交差点で老人が信号を見ていなかったのか、急ブレーキを掛けて、一歩遅かったら引かれていたところだったこともある。

我々は後世の手本とならなければならないはずなのに、全く連中の脳みそはどうなっているんだ。

 

で、帰りに至っては老若男女の謎の行列が、ただでさえ狭い歩道を横四列、五列になって歩くんだね。通れんがな!と。

結局通り過ぎるまで待たなければならなかった。

歩道を走る自転車もどっちかが後ろへ行って一列になってくれればいいものを、あくまで並走するんだね連中は。

もっと頭使えよ!とは自分が仕事中によく言われたことである。

あいつら集団になると見境ないな・・・。