一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

何年かぶりに見た父親の姿

小学生低学年の頃に親が離婚して、それ以来父親とは年に1、2回会うくらいで最後に会ったのは高校卒業直前の時だったか。

お互い口下手であまり会話もせず、未だにどういう人物なのかよくは知らない。

 

で、昨日うさぎの爪切りの帰りに喫茶店に立ち寄った際、弟夫妻と妹が父親の実家に子供が生まれた報告と挨拶の時の写真を祖母に見せてもらった。

自分は人が集まる場所や社交的な場が大層嫌いなので、断ったのだ。

そういえば、「父親の」写真はまだ見てないだろう?と。

 

話には聞いていたけど、染めてもキリが無いからと頭は真っ白でした。しかし、意外な程髪が多い。

自分も今の時点で白髪がちらほらあるし同じ轍を踏むのだろうか。

写真を見て、何故だかわからないけどしんみりしてしまったなぁ。

 

嫌っているわけでも拒絶しているわけでもない。ただ、なんとなく会いたくないという感情は説明してもどうにも理解されない。