一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

結婚と収入

最近生涯独身が増えつつあるという記事をちょいちょい見かける。

そこでの反応に多いのが「収入が低いから結婚は・・・」というもの。

結婚という制度の詳しい部分はよくわからないが、単純に働き手が二倍になるから収入的には寧ろ助かる部分も多いのではいつも思う。

子供を作る事まで考えるとそうも言ってられないだろうか。

常識的には結婚=子供。結婚と子供はセットなんだろうか。

 

「互いの不足分を補っていこうじゃないか」悪くいうと利害関係の一致という関係もあってもよさそうなのに全くと言っていいほどそういう類の話は聞かない。長続きしないか・・・。

自分の家族でも祖母は無口や暴力、母は性格が合わない、実家の農業を手伝わされるのが嫌だったと、結婚に関してはこれも全くと言っていい程、良い話は聞かない。

生まれも育ちも違う、人が一つ屋根の下で暮らしていくっていうのは、なかなか難しいことなんでしょうかねぇ。

長時間労働にも原因の一端があるような気も。

前職が一日10時間労働+連日の休日出勤でしたが、帰る度に「もう動きたくねぇ・・・」と心も体も疲れ切ってしまいましたので。