これがッ!人生ッ!!

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

ポロッと出る本音

様々な事がきっかけで、過去を思い出す。誰かの家に置いてあった子供用の自転車を見て思い出す。

「子供用の自転車の時にも鍵を売る」って今考えても難しいよなぁ・・・。

あれが盗まれることは考えにくいし、事実客としても「いや、いらんだろ。何言ってんの?」という人が大半だった。

パンク防止剤だったら逆に買ってくれるんだけどなぁ。

特に子供、引いては学生なんかは扱いの荒い人が多いでしょ。

 

あれについても自分自身少々懐疑的であったし、ネットで不評なんかを見てしまっていたもんだから「なんでおすすめしないの?」と店長にと問い詰められた時につい「いえ、イマイチ効果がわからないので・・・」と発言。(ああ、恐ろしい・・・)

「はぁ!?」みたいな顔をしつつも、じゃあ効果を見せてやるから廃車持ってきてと、効果を実演してくれるのであった。

その時店長が「昔はこうやって実演していたんだけどなぁ・・・」と呟いていた。

店長としても思う所があったのだろうか。

いずれにせよ、今思うととんでもない失言でした。店員としてはあるまじき事だろう。

 

それにしても売り込むって難しかった。客の必要としているものに応じて売るのは知識があれば簡単さ。

問題は会社側売れ!と命ずる、それ以外の「この商品が必要であると認識させ、買ってもらうことだ」

特に自分の勤めた店舗は売上1位を記録している店舗だったし、店長も誇らしげであったので一層厳しくなる。

トークなんかは上手くないし、うざがられることも珍しくなかったなぁ。

自分が普段使っていて、且それを便利だと感じた商品だったらイケるかな。

 

前の職場なんかでは、仲のいい先輩が風邪でしばらく休んでいて、その間話相手がいなかったし、風邪にしては長く休んでいて「しっかり休んで完璧に治したということかな」と勝手に解釈、数日経って彼が出勤した際「いや~!元気そうでなにより!」とつい言ってしまった。

それを聞いた彼の表情は曇っていたし「いや、元気ではないよ・・・」との返事。

よく見て、考えれば病み上がりである。やっちまった。

 

他にもいろいろあったような気がするけれど、どうも後先考えずに本音や失言が出てしまうクセがある。気をつけたいものである。

言葉の選び方って難しいよね。