一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

働けや!クズが!

と、言われて久しい昨今ですが、何故働かないのか、働こうとしないのか「環境や状況」ではなく、「本人の気持ち」は意外なほど聞いたことが無い。

 

例えば自分の場合だと、毎日長時間拘束されるのがつらい、何をやっても仕事が上手くこなせず、築いた信用を失ってばかり、一番は朝出勤するときの絶望感が耐えがたい。などが挙げられます。

そんな自分でも

kurashigoto.me

こういう場を見つけられていたら、誰に言われるでもなく「捨てる神あれば、拾う神ありだ!」とか言って真っ先に応募していただろうと思います。

全くの憶測ですが、頑なに働かない、働きたくない人よりも、イマイチ自分に自信が持てず尻込みしている人の方が多いんじゃないでしょうかね。

つまるところ、「これならこんな自分でも上手くやっていけるかもしれない」と希望が持てるような場所。それがあれば働きだす人も案外多いのでは?

上手くやっていけるのであれば、働く方が楽だ。

 

後は時間ももっと融通が利けばなぁと思います。

いくらお金が必要なのかは人によって違いますし、なのに最低8時間(それで済むならまだいい方ですかね)は働けと言うのも腑に落ちないような。

そんなに金の掛かる趣味は持ち合わせていないし、最低限生活できれば・・・て人もいると思います。

バイトやパートであればその辺りの問題もある程度解決できますが、最低限の生活が出来ているからとりあえず安心だ!と、果たしてなるのかどうか・・・。

何より世間の目が一番つらいように思う。「人の目を気にするな」て言ったって現実問題難しいと思う。困ろうものなら自己責任だとか言われて、相手にされなくなりますぜ・・・。尤もそうでなくとも怪しいものですが。

日本的思考で働き方改革、できますかねぇ。

 

労働時間と生活の質、どうバランスよくとったものか・・・。

 

 

20代で隠居 週休5日の快適生活

20代で隠居 週休5日の快適生活