一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

アシストに、さよならを・・・

世間がドラクエスプラトゥーン2だと沸き立つ中、飽きもせず!ただ己と戦い続ける日々!

今回からアシスト外して挑戦。慣れるとアシスト無しの方が走りやすい気がする。動きの固さがなくなり、加速も良くなったような・・・?

 

いつかのランチア037で心をやられて以来、もうMR車は使うことはないだろうと誓うも懲りずに再戦。

f:id:evange-cr-c89e:20170707201356j:plain

いざ出立!

この駆動方式の車は本当に扱いづらい。まるでおもりを後部に紐で括りつけたかのような挙動をする。

とにかくリアが滑る!滑りまくる!まずはスピンと友達になることから始めるといいだろう。

それでも時間経過と共に慣れてきたのか、タイムを抜きに語ればなんとかなってきた気がする。

アクセル、ブレーキの繊細な操作が必要だ。ステアの切りすぎに注意すること。

で、慣れたら慣れたで今度は他の車が異様に重たく感じるようになってしまった。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170707201734j:plain

大空に挑むことだって夢じゃない!

 

f:id:evange-cr-c89e:20170707201810j:plain

毎度お馴染み。ボコボコぶつかりまくり、最終的にこうなる。特にこのカテゴリーの車がパンクすると走行は一層絶望的である。

金を払い、ボーナスを失ってリトライするか、1分近いペナルティと引き換えに修理するか・・・。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170707201947j:plain

狭い車内。エアコンも無いし熱いだろ、これは。

 

使いはじめはとにかく右に左に振れまくり、まともに操作することさえ出来ず、どうしてこれがラリー戦用なのかサッパリわからなかったが、慣れればコーナーに強い事がわかる。心が折れなければ。

現実だとどうなのかはわからないけれど、当時のドライバーも相当苦しんだのではないだろうか。