一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

再販でげす!

過去にリアルミニ四駆スピンバイパー、フルカウルミニ四駆・スピンバイパー、スピンバイパーパールブルースペシャルと発売し、そのことごとくが絶版、高値で取引されていた。

ヤフオクを覗いて見ても5000、6000は当たり前で、そんな値段じゃ誰も買わないだろとか思っていたら、入札されることもちらほらあって、入手は諦めていた。

ところが先日パールブルースペシャルがまさかの再販!どうせスポット生産ですぐに売り切れ、また高値になるから買える内に買っておけ!

しかし、どうせなら「リアルミニ四駆」の方を再販してくれと皆思ったのではなかろうか・・・。

f:id:evange-cr-c89e:20170727151939j:plain

メッキの上からだと塗料が乗り難いし何よりギラギラし過ぎている、とメッキを落としたのはいいんだけど、パーツが若干溶けた・・・。

おかしいなぁ、過去のリアルミニ四駆は同じ方法でも溶けなかったが材質が違うんだろうか?

とりあえず成型色は間違いなく違う。リアルミニ四駆だと半透明の白だったのに対し、こちらは黄ばんだスーパーファミコンみたいな色だ。

なんとか鑑賞に耐えうるレベルに修正したはみたが、気をつけよう。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170727152258j:plain

リアルミニ四駆版と同様、カウルの開閉ギミックもそのまま搭載・・・なんだけど、おまけのリアルミニ四駆用のホイールを使うと干渉してこれができなくなる。

ガンガン走行させる人には関係ないと思うけど、自分は走行させる環境も無いし、できたはずのことができないのは納得できないと、あちこち削ったり、スペーサーを入れたりして若干引っかかるものの何とか可能にした。

 

そのランナーの都合上おまけで付いてくるリアルミニ四駆用のホイールも走行用のやつとは内径が違ったような・・・とか思っていたら案の定、走行用のやつの方が径が小さい。ついでに幅も違うが、カウルを乗せれば目立たない。

リアルミニ四駆用のタイヤが手に入ればいいけれど、それは絶望的だ。

f:id:evange-cr-c89e:20170727152841j:plain

少々キツイが、こうなることを恐れなければパッションで無理やりはめることも可能!

ホイール側を削った方がいいかもしれない。

 

なんだろう、そのまま作ればいい筈のものを一々手を加えてしまっているので、変に手間が掛かる。

いや、そのまま作ってもVSシャーシに乗せることが想定されていなかったのか、シャーシとボディが干渉し、上手くはまらないので結局最低限削る必要がある。