一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

友達

中級に「とりあえず初回だけ出ます!」と、物の弾みで言ってしまったが、時間が経ってくるとやっぱり嫌になってくるなぁ・・・。

母は言う。「それなら友達作れ!友達!」と。何故あの人は一々要求的なのか・・・。

いろいろ悩み事を相談したり、外出に付き合ったりそういう関係もいいですが、よくよく考えたら、えらくないですかね?

会話しなきゃ疎遠に~。定期的に連絡しなきゃ疎遠に~。話題を考えなくては~。会わなきゃ疎遠に~。しかし取り立てて用事はないな~。と、いろいろ考えなくてはならない事が多い。

 

中級に参加し、なあなあやっている間は良いかもしれないが、そこを離れてしまうと一気に疎遠になる気がしてならない。

人間関係を仲良く保ったまま、一緒に作業でもするわけでもなく、長期的に維持していくのって凄く難しいことだと思う。

前職の先輩のような関係を築けるのは、もうそうそうないだろう。

変に固執するより自然体でいて、それでも何となくでも付き合えちゃうくらいの関係がいいんじゃないでしょうかね。

相手の興味を引くためにあれこれ根回しするより、何となく仲良くなる感じが一番続く気がする。

 

外食の件といい、他の人たちは一々そんな事を気にしたりしないんだろうか。

世間とズレているらしいので、自分の意見は否定されることが多い。

だけど正しいか間違っているかなんて、結局多いか少ないかの違いじゃなかろうか。

多いが勝~ちよ!