一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

情熱的な「否」

最近この時間になるとぐずり、抗議する子供の泣き叫ぶ声が聞こえる。
全身全霊で「うるせぇ!何が何でも嫌なんだ!」を表現するという。
多分幼稚園へ行く事が嫌で親に連れられているんじゃなかろうか。
自分の子供の頃も大層酷かったと聞く・・・。
嫌だという感情だけは今でも残っているのだが。

うるさいなぁ・・・と思いつつも、あそこまで情熱的に「否!」を示すことって大人になると、まず無いよなぁとも思う。
まあ、いい年越えてぐずっても異様ですし、大人は我慢して当然といのがあるべき姿とされていますからねぇ。

想像力や行動力、全力で抵抗する様など、子供って凄い。そしてそんな感性も行動力も、もう無いのだとと思う今日この頃。

子供は時間の使い方が上手いのかもしれない。