一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

猿投山ラリーリベンジ

前回上った時には諸事情で山頂にはたどり着けず、途中で引き返してきた。

今回は装備を整え再び猿投山ラリーにチャレンジ。

過去の経験と失敗から学び、対策を立てる。この攻略している感じが良い。

f:id:evange-cr-c89e:20170913180157j:plain

ついてすぐ絶景だもん。絶景は恐ろしいぞ。途中水や食料を補給できる場所が一切ない。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913180314j:plain

今度は道に迷うまい! グリーンフラッグ!GO!GO!GO!

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913180449j:plain

水が冷たく凄く綺麗なんだけど、飲んだら腹壊すやつですかね。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913180648j:plain

目線より遥かに上にある山道。これが非常にきつく、帰りの時だと心が折れそうになる・・・。

下山は楽だと思われがちかもしれないけど、下山の時でも上り下り両方あり、下りの時なんかは降りる度に足が痛くてしかたがない。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913181041j:plain

前回よりは澄んでいて、幾分見やすい。山に雲の影が見えることなんて、住宅街にいるとそうそう見えないよ。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913181337j:plain

正面に名古屋駅周辺が見えます。

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913181432j:plain

猿投山さんはこんなのを道とか言っちゃうもん。

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913181540j:plain

道はこれだよ。

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913181636j:plain

前回はここまで来た。これから先は未知領域である。

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913181840j:plain

猿投山は比較的小さな山で周りを木々に覆われていて、非常に見晴らしが悪い。

時々開けた場所があって、そこから景色を眺めるくらいか。

こっち方面はずっと先まで山が続いている。下には何があるんだろうか。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913182146j:plain

前回の場所から40分程歩いて念願の山頂に到達。確かに画像で見たのと同じ看板だ。

思ったより距離があって、上りが本当にきつい。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913182349j:plain

山頂からの景色。ここしか見えない。取り立てて語ることは無いなぁ。

これが名古屋方面に視界が開けていたら、名駅周辺は勿論、大気の状態が良ければ渥美半島付近まで見えただろうに・・・。

水と食料を持っていき、休憩も取りつつ登ったおかげか、前より疲労感は少ない。

けど、これから2時間強かけての下りはやっぱり憂鬱だ。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913182748j:plain

この日は前日の雨の影響で滑りやすくなっている。そうでなくともオールグラベルで滑りやすく、岩の上を歩いたり、木の根や石やらが出っ張っていて非常に危ない。

こんなところで滑ったら崖下まで真っ逆さまである。とか考えていたら・・・。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913182903j:plain

こんな表示が。歩道ルートを逸れるって、足場が悪く、酷いと崖になっていて、歩けるようには見えなかったが・・・。

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913183237j:plain

足が痛くてしょうがないのにここを降りろって言うんだもん。

やればわかるんだけど、本当に絶望感を感じるんだ!足に力が入らないので転倒が怖い。

負担の掛かりにくい歩き方でもないもんかねぇ。皆平気なんだろうか?

 

f:id:evange-cr-c89e:20170913183509j:plain

ここで無料の相棒を返却。世話になったな!しかし、ずっと握りっぱなしで手に豆ができた・・・。

 

今回はちゃんと熊よけの鈴も装備しました。

 

 どの程度役に立つのかわからないけど、数百円で身が守れるなら安いものです。

しかし熊こそいなかったものの度々蛇に遭遇し、後顔の周りを飛び続けるハエが非常に鬱陶しい。

 

前より帰る時間が遅くなってしまって、タイミングが悪かったのか、下校中の高校せいが集団で電車に乗ってきて、狭くうるさい車内に耐えられなくなって途中下車、そこから1時間半近く歩いて帰宅。

一人じゃなかったらまずこんなことは許されないであろう。

これがロンリーの利点だ!ロンリーもいたけど殆どの人は夫婦で登っていた。

しかし意外と行けちゃうもんだね。あんな車内に閉じ込められるより、歩く方が足の痛みを差し引けばよっぽど快適だよ。

 

まあ、なんにせよ、目的を達成できて良かったです。