一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

自身の喪失

とりあえずどんな仕事があるのか求人表を見てみる。

仕事内容や時間外労働などを眺めていると、過去にあったいろんなことを思い出しつらくなってくる。

失敗続きで「上手くいっていた」という実感が持てないと、どんどん不安に億劫になってしまうのを肌で感じる。

大抵尻込みしている人って、そういうところからじゃないだろうか。次に過酷な労働環境か。

 

世間は働け働けと圧力を掛けてくるが、勿論こちらも頑張るとして、自身を失った人になにか歩み寄りを見せてくれのかと聞かれれば、多分そんなことはないんじゃなかと思う。環境が合っていたり、本人の努力や気合で上手くいってくれればいいが、そうでなかったら一層の悪循環を生むことになると思う。

 

3年ほど前にある会社に面接に行って、少々辛辣な対応をされたものの見習いでなら、雇ってやらんこともないと言われたが、ここに入っても長く続けることはできないだろうと確信したので断った。

それから時々その会社の求人を見てみるがその度に見つかり、3年経った今でも相変わらず存在し続けている。

どんな状態なのか知る由も無いけど、文字と睨めっこしていても何もわからないし、書いてあることがどこまで本当なのかもわからい。前職という前例もある。

なんだか、毎日をただなんとなく過ごすだけでも大変でストレスのかかる事だと思う。

あらゆるもの維持していかなけれなならず、維持するためには自分の人生をある程度犠牲にしなければならない。

豊かになって物で溢れ、それってどこまで幸せなことなんだろうか。豊かであるが故につらいこと、大変なこともあるような気がしてきた。

まあ、無きゃ無いでいろいろ不便だろうけど。