一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

一人力を鍛えろ!

ダークソウル3で心折れつつ、渡る世間は鬼ばかりを何となく眺めていると一人が寂しい、虚しい、することがないと嘆く老人の姿があるではないですか。

確かに人に囲まれて、必要とされる生活は良いもんですし、集団でいれば何かと助け合うこともでき、何かと有利に働くとは思います。

尤も助け「合える」のかどうかはちょっと疑問ですが。

とは言え、集団でいるが故に煩わしいこともあるでしょうし、なにより失った時が怖い!脆い!なんだかそう感じてしまうエピソードでした。

人は何かに依存している時が幸せなのかなぁと思ったり。

何だか他人に期待し過ぎなんだと思うんですよ。

 

しかし、敢えて逆に考えよう!若い時から一人で生活することに慣れてしまえば、といより訓練すれば、それほど不安や恐怖を感じないのでは?

今朝、5日間全く人と接しない生活を試したとかいう記事があり、たった5日で発狂しそうになったとか書いてありましたが、おいおい!じゃあ俺は一体・・・?

することがない?いや、いくらでもありますよ!

家事や掃除や炊事は勿論、ゲームしたり、プラモデル作ったり、本読んだり、読むために図書館行ったり、植木に水をやったり、漢字の勉強したり、絵の勉強をしたり、天気の良い日には散歩したり、ネットしたり、Wikipediaみたり、You Tube見たり、突然山登ったり、海に行きたいなぁ!と思い調べ、計画を立て、だるい、何もしたくないというダウナーな気分の時には何もせずボーっとする。

恐らく和気あいあいと皆で楽しく過ごすことをそもそも知らないので、不安や寂しさが無いんだと思います。そういうものにストレスを感じる所謂寂しいヤツです。

それに人間関係もいつもいつでも上手くいくとは限りませんし、何より一人で過ごさざるを得ない人もいるでしょう。

自分の豊かさは自分で作り上げるしかないと諦め、一人力を鍛える訓練を今からでもするべきだ!この分野を伸ばすしか活路はない!

ドラマだから仕方がないのですが、どうも「一人は寂しく不安なことだ」とか「一人はダメなんだ」みたいな印象があり、しかし世の中や人の価値観はそんなに単純でもないよなぁと思う今日この頃でした。