一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

理想を掲げるだけなら楽である

他人が羨ましかったり、劣等感を克服したいとか、いろいろ考え感情に振り回されるけど、その為には行動と継続力が必要になる。

最近特に自分はやっぱり行動できない人間だと痛感する。

危機感を感じ、漢字の勉強を始めたり、中学生の頃、英語がサッパリわからずその事で随分苦しい思いをしてきた。今なら多少なりとも理解できるのでは?と英語の勉強もついでに始めた。しかし、その時間も一日2時間程度。

一つにつき2時間ではなく、漢字、英語、絵、全てで2時間である。

時間だけはある身なので、本気で身につけたかったら5時間でも6時間でもやればいいんだけど、「意欲を持って」取り組むことができるのは2時間くらいが限界だ。すぐに集中力が切れてしまう。出来ない事もないけれど、形だけ。殆ど頭に入らない。

理想を持つのは良い事ですが、理想道理になるのはイバラの道だ・・・。

 

20代の外出が減っているとかいうニュースがあったけど、週5×8時間・・・で済めばいい方なのかな、に対し休みが2日しかなかったら何もせず休んでいたいだろうなぁ。

自分も働いていた時は、「いつも見えるあの山はなんだろう?登れるんだろうか?」と考え、実際に調べ登るなんていう発想すら浮かばなかった。

やることなくて、手持無沙汰も辛いけど、あれをこれをやらなきゃと追い立てられるのも辛いものです。

 

飼っているうさぎや近所の床屋の猫なんかを見ていると、そういう事を考えているのは人間だけなのかなぁと思う。

人間はやる事成す事、意味や意義が無いと生きていけない生き物なんだろうか。

 

f:id:evange-cr-c89e:20171007202620p:plain