一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

嫌な事があると気が重い

あんまりにも苦痛で中級の訓練を休みがちになってしまった。

休憩があるとはいえ、6時間席に座り続け、周りを人に囲まれ、人の話に集中し続け、ウォーミングアップだとかロールプレイだとか称してあれこれやらされる事が本当に苦痛である。おかげで手や足の動きが止まらなくなるとかいう変な症状が出る。なんだかもの凄く落ち着かないんだ。

仕事とはまた違った、学校に通じる辛さがある。毎週あるもんだからその事を考えるだけで、気分が重たくなるというか、胸の辺りがどんよりしてくる。

 

何人かの挫折者を生み出しつつも、その一方で毎週きちんと出る人も当然いるわけだ。

勿論内心はわからないけれど、毎週来ている以上自分ほど苦痛を感じていないのではないか?発言なりを積極的に参加している様子を見ると自分ほど嫌ではないんじゃないか?休憩時間中も雑談に花開かせている・・・とか考えていたら非常にやるせなくなってきた・・・。

なんかもうスタート位置からして違って、そこに追いつくためには苦痛だろうがストレスだろうが耐え続けて、3倍も4倍も努力しなければならないのではないか?

やっとこさ追いついた時、果たして他の連中はどこにいるのだろうか?

人は何かを成すためには「目的意識」が必要なんだと最近思う。

ただ漠然と、なんとなく続けていても力にはならないと。一応やったらやっただけの成果は出るかもしれないけれど、目的意識を持ったやつと比べた時に絶望を感じるのではないか。

なんでこんなにも嫌なのか、何をしに行っているのか、何が目的なのか、わからなくなってきたんだ。でっ!?ていうね。

こんな調子で社会復帰できるのであろうか・・・。

f:id:evange-cr-c89e:20171019203826p:plain