一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

会話を続け・・・たいですか?

「何となく今は話をしたい気分じゃない」とか「会話を続けることがしんどくなってきたなぁ」と感じることが結構ある。

「何となく行きたくない」「何となく会いたくない」この「何となく」が思いのほか理解されない。

別にその人を嫌っているわけでもないし、関係を悪化させたくもないわけだ。

そんなに気にするような事ではないのかもしれないけれど、「返事を返さないと悪いかな?」とか「無視された」とか思われるかな?とかなんとか、そんなことを気にしないでもない。

そういう自分の性格を知っている人であれば、そのまま放っておくんだけど、そうじゃない場合はどうしたものか。言えばいいんだろうか。

 

話題を切らした時も独特の辛さがあるね。

「この人と話を続けたい」と思える場合はいいんだ。その内何か考えるだろうから。

話題がない上、続けるのもちょっとなぁ・・・という時が難しい。

 

皮肉にも件の訓練の中に「会話を続ける」という訓練があった。

まあ、実際どうだったかというと「言われなくともそんなことくらいはわかるよ」程度のもので、少なくとも自分に取っては、訓練にも参考にもならなかった程度のものであった。

それに今回の件とは意味合いが若干異なるであろう。

 

大事な用や取り決めの時はそうもいかないけど、どうでもいい雑談くらいであれば「返せたら返すわ」くらいでいきたいものである。