一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

触って楽しむマリオ

不用品を処分していくらかお金が出来たので、念願の「2」DSデビュー。

まず、充電器が無いのが驚いた。よく確認していればわかる事なんだけど、「あって当たり前」「必要な物だし、無いはずはないだろう」と完全に油断していた。

おかげで、充電器が手に入るまで制限時間を気にしなければならなくなってしまった。

思えば最初に液晶テレビを買った時もS端子がないことに驚いた。今まであって当然だったのに!昔のゲームを高画質でプレイできない!と。

ケチってNew2DSを買った自分の判断は間違っていないね!?New3DSじゃないとプレイできない、或いはプレイが難しくなるゲームとかはないね!?

 

で、目当ては別なんだけど、それ以外にも任天堂のゲーム機を買ったからには「マリオ」をやりたいと3Dランドを買ってみた。中古なら結構安く手に入るんだ、コレが。

スーパーマリオ3Dランド - 3DS

スーパーマリオ3Dランド - 3DS

 

 新しいマリオに触れるのは何年ぶりだろう。というか任天堂のゲーム機自体がゲームキューブで止まっているのだ。

開始早々ロクな説明が無い。ストーリーも写真一枚で済ませてしまった。要するに「いつも通り」である。

しかし、それでもちゃんと伝わるところが凄いうというか、流石マリオというか。

肝心のゲーム部分も余計なチュートリアルなどない!触ってみろ!触ればわかる!と。

早く触ってみたい!というプレイヤーの心理を突いているのか。

なるほど、マリオはこういう動きが出来て、このボタンでこういうことが出来て、あそこでああすると・・・という一連の流れが触っている内に理解できる。

マリオを動かすだけでも楽しいは健在なのか・・・!こういう細かい事って大事なんだねぇ。

今まで困難を乗り越える系ゲームばかりやっていて、確かに面白く、達成感もあったけど(同時に徒労感も凄まじい)、マリオはそれとは違う「触って面白い系ゲーム」かもしれない。「あ!なんかいいな、コレ」という感じだ。

例の如く、クリアするだけなら簡単だけど、完全クリアを目指すと激ムズになるゲームですかね?