一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

双子座流星群を見たかった

ネットの記事で今日明日辺りがピーク!とか言うもんだから、ダメ元でベランダで空を見上げていたら、燃え盛る火の玉が横切っていったではないか!

あんなに目立つものなら望遠鏡を使えばワンチャンあるかも!?と1時間程探してみるも全く見つからず。

針の先端の様な非常に小さな星々が見えるんだから、流星群なんてあったら一発でわかるはずでしょ。

そもそも方角が合っているのかもわからない。北向きだった見えんぞ・・・。

 

気温1℃。寒くてかなわん。一応流れ星は見えたことだし、良しとしよう。

本気で見ようなんて考えるならば、足元すら見えないような暗闇にでも行かないと難しいのだろう。

それより、オリオン座の三ツ星の下あたりに白く霞がかった星があったけど、あれはなんだろう?それだけがぼやけていたのでレンズの汚れではないだろうし。

なんにせよ、何億光年かなたから光が届いて見えるっていうのは驚異的だねぇ。

一生を懸けても近づく事すら叶わないんだぜ。