一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

難しいゲーム選び

PS2WRCシリーズの一作目がシンプルながら面白く、じゃあ2や3はどうか?と思って一緒に注文した。双方とも200円と破格である。 

WRC~ワールド・ラリー・チャンピオンシップ~

新品価格
¥5,500から
(2018/2/24 17:49時点)

某所で言われている通り、グラフィックは正当進化といった感じ。その上で一作目の長いロードも改善されている。

f:id:evange-cr-c89e:20180224181130j:plain

ドライバーの顔もよりリアルに。

 

f:id:evange-cr-c89e:20180224181217j:plain

3なら分解も可能!今のゲームにも欲しいくらいである。

 

しかし第一印象は良かったのだけど、徐々に雲行きが怪しくなっていく。

「おかしいなぁ・・・おかしいんだよ藤やん・・・。」

挙動が軽い!あまりに軽すぎる!

ハンドルの感度設定を最も鈍くしても、何というかグリップ感が無く、宙に浮いているんじゃないかと思うくらいに軽すぎる!

ちょっとスティックを傾けただけで大きく旋回。ハンドブレーキを使おうものなら一瞬で90°近く曲がってしまう・・・。

F-ZERO XやGXの軽量級のマシンに近い挙動なんだよ。

 

3でも同様で、こちらはあろうことか、感度設定すら消滅してしまった!何考えてんだ!!

あまりに軽いので初代でもこうだったか?と確認してしまった。

初代も軽いと言えば軽いのだが、そこまで気にならない程。2や3よりは重い。

ひょっとしてハンドルコントローラーに最適化されているんだろうか?

レースゲームの挙動にケチをつける人に「そんなに言う程かぁ?」と思っていたけど、今その気持ちがわかった。

f:id:evange-cr-c89e:20180224183531j:plain

 

コ・ドライバーの指示も3はともかく2は問題だ。

日本語だと終始抑揚の無い声でブツブツ指示を出し、おまけに3つ4つ先のコーナーまで一辺に読み上げてしまうので大変わかりづらいし、なんだか御経みたいである!

何度「ちょ、ちょっと!そんな一辺に言われてもわからん!まだだっつってんでしょ!!」と心の中で叫んだかわからない。

dirtシリーズだと6が緩く、1がきつい指示なんだけど、WRCシリーズは逆になるのでこれも大変混乱する。

2における一番の敵はコ・ドライバーかもしれない・・・。

2にはタイトルに「エクストリーム」とあるけど挙動といい、そういうエクストリームはどうだろう・・・。

初代セガラリーの挙動はかなり優秀な気がしてきた。

 

f:id:evange-cr-c89e:20180224184505j:plain

 

リプレイも視点が減って、3だと更に画面の固定とドライバー、コ・ドライバーの名前の表示も無くなって、おまけにコ・ドライバーがペースノートを見ていない。

初代ですら、そこはちゃんと再現してあったのに劣化してどうする!

 

せっかくの公式ゲーで実在のドライバー、実在の車、実在のコース、当時の映像など魅力的なのに細かい部分で、しかし確実に評価を落としてしまった印象。

もったいない!実にもったいない!

コース紹介も初代が一番気合が入っていたように思う。

 

そしてまたもや「あの人」がいない!これについてはWikipediaを見る限りはdirtシリーズとの権利関係のせいだとか。