一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

活路は右スティックにあり!

デュアルショック2にはボタンにもアナログ判定があって、これのおかげでボタンでありながら、微妙なアクセル・ブレーキワークができちまう!

と、聞こえは良いが、実際問題数ミリの沈み込みしかないのに「微妙な調整」など非常に難しく、おまけに強く押さないとアクセル全開にならない問題があった。指が痛くなる・・・。

 

そんなもんだから、これまでこの機能はオフにしていたのが、先日何気なく右スティックを弄ったら前進するではないか!?

そうか、右スティックでもアクセル・ブレーキが使えるのかと今更気が付いた。

というか説明書はちゃんと読もう・・・。

 

使いこなすのには慣れが必要ではあるが、ボタンよりは抜群に調整しやすいので、これで練習だ!

 

軽すぎる挙動に関しては、物理的に対応すればいいじゃない!とスポンジを装備。

f:id:evange-cr-c89e:20180328202325j:plain

デュアルショック4用なので2に使う時には2個必要になる。

挙動の方はと言うと、若干マシになったようなそうでないような・・・。

とりあえず、スティックの削れ防止にはなってくれそうです。

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20180328202210j:plain

 

f:id:evange-cr-c89e:20180328202225j:plain

グラフィックなんかは1作目から順当に進化し続け、車のモデリングなんかはPS3と比較しても遜色ないくらいなのであるが、あれがダメだ!これがダメだ!と文句ばかりが出てくる。

オフィシャルゲーなのに3になると、その「オフィシャル感」が減ったのはどういうことか!?

どう考えてもリプレイの視点が固定できないのは残念極まる!

以前出来ていたことが、何故できないのか!?

グラベルを走行する時には「石が当たる音」が欲しい!

 

しかしそれでいても、何だかんだ言いつつプレイしているどこか嫌いになり切れない「惜しかったゲー」なのである。