一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

亀さんと「もし」

池の側を通るたびに亀の数を数えている。特定の場所だけに大体10匹前後いつも屯っているのが確認できる。

亀にも性格があるのか、こちらを見つけるや否や、一目散に水中に逃げるやつもいれば、全く意に介さないものもいたり、一応様子を伺うやつもいる。

夕方になると一切姿を見せなくなる。甲羅を干すために一時的に出てきているだけなんだろうか。

ただ、池の周りは結構臭う。生臭い・・・。

釣り人のおっさん達は釣った魚をどうするのか?臭くて食えないでしょ・・・。

やっぱり放すのかな。 

 

散歩をしていると、今までに就いた仕事がもし上手くいっていたら?自分が何らかの稼ぎ口を作り出し、もし上手くいったら?ほぼ毎日散歩に出かけているので「毎日顔を見かけるなぁ!暇かぁ!?なら自分の所で働いてみないか!?」と声を掛けられ、もし人生がとりあえず何とかなったら・・・と、「もし」の妄想ばかりしているが現実はコレだもんなぁ・・・。

f:id:evange-cr-c89e:20180513175928j:plain

 

どこで調べたのか、最近またこんなチラシが・・・。

f:id:evange-cr-c89e:20180513180019j:plain

 

f:id:evange-cr-c89e:20180513180047j:plain

どうだろう。こういうのを見ると「力になってくれる所がある!なら安心だ!早速行こう!」とかそういう気持ちになるんだろうか?

一個人としてはいつも思うが全くならない。

今現在、同じような場所になんとなく通ってはいるが、実際に行ってみてもならない・・・。

なんというか、「仕事」という大きな不安とストレスの前に「就職支援」という壁を乗り越えなければならないという感じで、ボスの前に中ボスを増やしたみたいな感じなんだね。

何故彼らは人の就職なんて支援したがるんだろうか。