一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

コップ一杯の水で高くついた代償

先日ノートパソコンに水をこぼして壊してしまった。

「ああっ!」とか「ちょっと!?」とか奇声を上げるところを、電源が突然落ちたのを目撃しまして、「あぁ・・・」という嘆息しか出ませんでした。終わったな・・・と。

乾かした後、一時復活の兆しを見せるも、結局ダメでした。

 

バカだ!実にバカである!ちょっと気を付けていれば防げたことじゃないか!

またしても不注意炸裂である。在職中もこんなことばかりやっていたから、いつまで経っても怒られていたのだろう。

 

まあ無くてもいいかな?と思う反面、やっぱり無いと不便なこともあるので、中古で探して買いなおしました。

7800円と手が出しやすい物があったので、それを購入。

全体的にサイズが前より小さく、ディスプレイは4:3で発色が悪い、キーボードが慣れず打ちにくい等、問題がありますが仕方がない。贅沢は言っていられない。あるだけマシである!ニート価格に直すと、78000円なのである!

 

しかし、いい点もあって、タッチパネル搭載。マイクロソフトオフィスとLAN端子も付属。メモリーも前のパソコンのものがそのまま増設可能ときた。おかげでサクサク動く!

無収入な時に限って、何かと金がかかる。絶対こうなると思って、ひたすら貯金しておいて良かった。といって、もうそれほど余裕もないというのに・・・。

 

皆さん、ちょっとした油断が大損害につながります。気を付けましょう・・・。