一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

制作期間、半年

購入したのがもう半年くらい前だった気がする。それがようやく形になった。

完成して喜ぶというか、形にできてホッとするという感じです。

一歩間違えば、放置からの存在を忘れるですからね。

f:id:evange-cr-c89e:20180929180234j:plain

 

f:id:evange-cr-c89e:20180929180308j:plain

MPCから発売の「Road Runner and the Rail Rider」というキットで、当時You tubeでアニメを見ていたことが切っ掛けで、その場のノリで買ったもので詳しい事はわからないです。

 

プラッツ ロード・ランナー&レールライダー プラモデル MPC720

新品価格
¥3,434から
(2018/9/29 18:34時点)

パッケージを見ると、接着剤不要の子供向けキット的な事が書いてあるのですが、例によって、実質子供向けではありません!

もう大して驚きもしなくなりましたが、ヒケ、バリは無視できないレベルのものが標準搭載。かみ合わせも著しく悪く、ピンを切り飛ばさないとズレてしまいます。

部品によっては削って調整しないと、はめることすら出来ない物もあった。

ピンを切り飛ばして位置を調整しても、豪快な隙間が空くので結局パテ修正は必須。

スナップフィットとは・・・。

確かにそのままでも一応形にはなりますが、ヒケやらバリやら隙間やらで見てくれが致命的で、そんな状態で何人が満足できるのか。

パッケージの写真ですら、怪しい箇所がチラホラ・・・。

 

じゃあ、それの修正に半年かかったのか?と言われるとそんなはずはなく、気力の続く限り丁寧に修正しておきましたが、それでも一月あれば完成させられます。

結局のところ、どうにも意欲が湧かず、埃を被っておりました。意欲待ちでした。

例え好きなことや興味関心のあることでも、意欲が湧かなければいい結果はだせないのです・・・。ましてや仕事なんか・・・。