一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

「個人的」引きこもりの心理

これまでL社に行くための電車賃は親に頼らず、往復千円を自分で何とかしてきました。しかし、貯金も底をつき始め、それも厳しくなってきた。

定期代を出してもらうしかないかと調べてみると、6カ月買ったとして、電車Aが約58000円。乗り換えの電車Bが約28000円。

高すぎる・・・。

学生時代もっと遠い所に通っていたのに、こんな値段じゃなかった!おかしいじゃないか!と思って調べると、ああ学割だったんですね・・・。

 

職業訓練は電車賃の補助が出るのに、なんで就労支援は1円も出ないのか!?

何故就労支援会社には成否に関わらず、利用者一人当たり1日1万も補助がでるのか!?

徒歩や自転車で来れるやつはいいけど、それ以外の無職は就職支援を受け続けることもできないのか・・・。

 

その件の就労支援も雲行きが怪しい。

基本こちらから強く訴えていかないと、大したことはしてくれない。

今現在、「ニートや引きこもり向けのカウンセラーになれたらいいなぁ」と考え、度々どうしたらいいですか?と聞いてはいるんだけど、「よし!一肌脱いでやろう!」みたいな感じにならず、何もしてくれないとは言わないが、チョロっと相手にしただけで、なんだか放って置かれているような気がしてならない。

観察していると、殆どワークショップの進行や事務作業ばかりに勤しんでいて、利用者に向き合う時間なんて殆ど設けていないんじゃないかとも思える。

 

それでも時々楽し気な話し声が聞こえてくることがあり、それは決まってコミュニケーション能力に長ける奴なのだ。

話しやすい奴に話かける!そこに多くの時間を割く!根暗はた~まにしか話かけらない!これが現実だ!

スタッフが積極的にやらんで誰がやるんだ!それが仕事でしょう!あそこでは死活問題なのだが。

 

逸れてしまったが「お前なんか無理に決まってんだろ!単なるハッタリだろ、現実を見ろよ」とか思われていたりしないだろうか?

やっとわずかながら目標は出来たわけだし、であればそれに向かって具体的に動き出していかなければならないわけですよ。

ただ不安も強くある。そんな時に背中を押してくれれば、勢いで行けてしまえば、と考えているんだけど、そんなのは現時点では全くない。

引きこもりを相手にするときは「頑張れ」は厳禁だと言うし、確かにそう思うんだけど、いつもそうとは限らないわけですよ!

時には背中を押してあげる必要が出てくるはずで、それはいつか?と言われれば目標を見つけた時ですよ。

悪い意味で保守的になってないだろうか?融通が利かない。

本気で就労支援をするなんていう人なんて、いないんじゃないかという気さえする。

だってそれはもう仕事と言うより、人助けだから。

 

金銭面や就職の問題で、日々悩み続ける気持ちがわかるだろうか。

決して安くはない電車賃を貯金を切り崩しながら通って、それでいて来る日も来る日も就労支援に疑問を感じ続ける気持ちが・・・。

ニートや引きこもりなんていうと、毎日食っちゃ寝して、家事とか一切やらず、暗い部屋でゲームばかりに勤しむ姿で描かれることが多いが、そんなことはありません!と個人的に一概には否定できない部分もまあ、あるわけだけど、そんな楽天的ではないのである。焦っているのである。

 

ついでにゲーム以外にやることなんていくらでもあるし、家事は全部自分でやっているし、部屋は明るくしているし、ゲームにもそれなりに情熱的に取り組んでいるのは、ゲーム関連の記事を見ていただければわかると思う!

まったく馬鹿げた話なんですよ!あんなものは!

 

今、自分にできることは何とかこなしている。それは人によってハローワーク通いだったり、求人検索だったり、就労支援施設通いだったり、会社見学や体験就労だったり、職業訓練だったり、自助グループへの参加だったり。

しかし、こと就労となると「何が出来るのか?何をすればいいのか?」が皆目わからない。

それはやってみなければわからないことだと人々は言うし、その通りである。

だけど、不安である。動き出す?何処に向かって?動き出せない。

一歩を踏み出したところで惨敗して更に傷つくかもしれず、誰もそのフォローなんてしてくれないのである。

 

過去や現在を考えてみても嫌な事だらけである。挫折や失敗だらけである。やらなければ良かったと。「何だったら嫌でないのか?」これも皆目わからない。

 

動きだすための根拠が欲しい!それがあれば、動き出せるかもしれない。それは「目標」かもしれないし、自分にもできる事はあるという「実感」かもしれないし、「他の誰か」かもしれない。

でもこれまでやってきた中で、ついに見つけることができなかった。

ない!ない!ない!

わからない!わからない!わからない!

こうして不安と焦りが錯綜し、時間と金が無くなっていく。

 

就労支援なんぞをやっている連中にこうした心理がわかるのだろうか・・・。

この焦燥感の中で、誰が甘い汁を吸っているのかって話ですよ。

一体どうすれば・・・。