一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

選択の時

LITALICOを継続するのか辞めるのか、そればかりを考えている。

カレンダーを見る度、今月は後何回通所があって、それに掛かる交通費は・・・と頭を抱えている。

一度メリットデメリットを書き出してみようか。

 

メリット

金銭的負担が減る。時間の負担も減る。

カレンダーを見ては交通費がどうと悩まなくて済む。

結局今日も1000円使って何もなかったと肩を落とさなくて済む。

行きたくなくなって休んで罪悪感に囚われなくて済む。

そもそも行きたいと思えた試しがないので総合的ストレスが無くなる。

 

デメリット

辞めてどうするのか目星が無い。

社会的な繋がりを失う。

定着支援を受けられなくなる。

 

尤も後の二つは地元の支援会社でもできることなので、問題にはならない・・・が!

結局同じことを繰り返すだけだと思う。自分でニートの集いでも企画できる機知があればなぁ・・・。

今一つ踏ん切りがつかない最大の理由が、「生活支援相談員に報告しなければならない」ということ。

それだけならいいんだけど、現在モニタリング調査とかいうのを受けている状態で「今後のことも含め」報告が続いていくということ。

なんだってこんな事をしなければならないのか、未だにわからないんだけど、恐らく税金を使うにあたっての監視なんじゃないかと思う。

 

思えば何処かに所属しては嫌になって抜け出すことばかりをしている気がする。

継続できる人っていうのは一体何なのだろうか?

他の利用者は何を目的に通いつづけているのだろうか?交通費とか昼食代に苦しむことはないのだろうか?しかし「通う事ができる」っていうのは明確な目的意識があってのことでしょう?

毎朝必ず自己紹介があって、そこで一日何をするのか言わなきゃいけないんだけど、いつも訓練やワークショップをどうのこうので、一度として「仕事が決まりました」なんて話は出たことが無いじゃないか。出たとして続けて行けるのだろうか?

 

あんなのはダメ人間の風上にも置けない!

真のダメ人間はああいう施設すら通うのが辛くなっちゃって、それでいて他に行く場所、頼れる人もおらず、どうすればどうすればと頭を抱える様な人の事を言うのさ!

自分からすれば、連中は超人である!

 

通えども通えども、「よし!やってみよう!」という自信も「まだ自分に出来ることはいろいろあるじゃないか」という安心も全く持てないんだ。

嫌だとか抵抗感を乗り越えるか、上手く付き合っていくのかどちらのヒントも得られなかった。

 

どうぶつの森e+を卒業して、とびだせどうぶつの森がやりたくなってきたので、New3DS LLが欲しいなぁなんて考えているのだけど、当然そんな金はあるはずもない。

が!今までLITALICOに通う交通費に幾ら使ったかと言うと多分4万以上は使っているはず。何せ1回行くのに1000円も掛かるのである。

あれだけあった500円玉貯金がすっからかんになってしまった・・・。

奴さんは最終的には週5で来れませんか?なんて恐ろしいことを言うのである!お宅は良いよな!自分が来て、書類にサインすれば、役所から1日辺り1万の補助金が出るのだから。

3DSが2台も買えちゃうじゃないか!それで何を得たんだ!ストレスとブログの肥やしになっただけじゃないか!

 

 

 とりあえず、今日の一曲。

 


Bachman Turner Overdrive - You Ain't Seen Nothing Yet