一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

カッコいい爺さん

いつもの時間、いつもの場所を通っていると、何やら音楽が聞こえてくるじゃありませんか。

前から歩いてくるおばちゃんがクラシックの音楽でも流しているのかと思ったけど、すれ違っても音が小さくならない。

見ると、先にある小さな休憩所で爺さんが演奏の練習をしているじゃありませんか。

楽器のことはよくわかりませんが、ヴァイオリンだろうか?肩に挟んで弾いて演奏するやつなんですけど・・・。

 

何年か前にもその近くで同じような楽器を練習していたおばちゃんを見かけたけど、失礼ながら、聞くに堪えなかった・・・。

しかし、この爺さんは上手い!何であんなに早く演奏できるのか本当に不思議である!

「何年前から練習しているんですか?」「なんて楽器ですか?」「自分も弾いてみてもいいですか?」とかいろいろ好奇心をかき立てられるものの、聞けるはずもない。

楽器を触るとか、絶対嫌がるだろう・・・。

ならばもう少し演奏を聴いていたかったけど、変な奴がおる!とか思われても嫌だったのでその場を後にする。

 

羨ましいなぁ、憧れるなぁ。

先月齧ったギターは最近ようやく幾つかコードを覚え、何となく押さえられるようになってきた程度。しかし、なかなか思うように指が動いてはくれない・・・。

本来ならば、5時間でも6時間でも練習するべきなんだろうけど、いかんせん集中力、気力が続かない。一日一時間程度と時間を決めて、その代わり「毎日継続する」のが自分流なのだ。これでようやく続けられるのだ。

弦を押さえるときに余計な力が入るのか、指の痛みが長引くようになってしまった。

 

そのギターも右利き用で、それを弦を逆に張って対応している。

一見左右対称に見えるんだけど、ブリッジとナットの向き違がって、これがどう影響するのかわからない。後々問題になるんでしょうか?

こっそり使っていた妹のチューナーも奴が持って行ってしまったので、チューニングもできない。(元々あいつの物だから文句を言うのがおかしいわけですが・・・)

 

それにスタンドが無いのも考えていたより深刻である。

壁に立てかけて対応しているわけですが、これが何かの拍子に倒れてしまう。

楽器を扱う者にとって、あってはならないことでしょう。

痛むのは勿論、チューニングがズレた可能性がある・・・。

練習もそうですが、この二つを入手するための資金調達をなんとかしなければ・・・。

 

今日の一曲


Doug Smith - August 23rd (Track 04) The collection ALBUM