一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

皆頑張る

向かいの棟からいつもピアノの練習の音が聞こえる。

南にある一軒家では、いつも昼過ぎにおっさんが狭い駐車場でバイクに跨り、何かをやっている。

散歩コースの駐車場では車の中でトランペットの練習をしている人がいて、別の場所では爺さんがヴァイオリンの練習をしているのだ。

何を目指しているのかはわからないけど、皆頑張っている。

彼らが人に注目されたいという願望が無いなら尚凄いことである。

 

例のギターは幾つか簡単なコードを覚えたものの、リズムを止めずにコードチェンジはなかなか出来ないし、オルタネイトピッキングも以前、アップの時にどうしても引っかかって音が揃わない。

動画で勉強するも、肝心な「振る速度」とか「ピックの角度」とか「腕や手首の動かし方」とか「真下に下ろせばいいのか、少し角度をつけた方がいいのか」とか知りたいことは何故かノータッチという。

わからないことを直接聞けない。ここが独学の厳しい点だろうか。

こんな状態がずっと続くんじゃないかと不安になる。

ともかく、周りを見るとギターを弾けるようになりたかったら、練習し続けるしかないということと、幾分かの気力を貰える。

というか仕事を頑張れよという話なんですが、何故か仕事はどうやっても無理な気がしてならない・・・。

 

それはそれとして。

手元のギターをよく見ると、なんだか接合部のあちこちに亀裂が・・・。

親の実家でどれくらい使われて、(弾ける人に心辺りは無いんだけど・・・)どのような保管状態にあったのかはわかりませんが、寿命が近い・・・のだろうか?

一体何年製なんだ?と思って調べてみると75年製だった!

自分が生まれるずっと前じゃないか!90年代くらいだと思っていた。

楽器は使い込むほどに味が出る的な記述がWikipediaにありましたが、亀裂は違うんじゃないかなぁ・・・。

買い換えられるだけのお金は無いし、困ったなぁ・・・。