一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

継続は力なり

ギターの練習の際、集中力というか気力が1時間くらいしか続かない体質なので、細く長く、毎日続けるのにいい方法はないだろうかと考えていた。

図書館に行けばいろんな参考書はあるけど、練習というよりかは解説に近く、求めている物とは違う。

 

そんな折、見つけたのがコレ。

 

アコギ基礎トレ365日! (CD付き) (アコースティック・ギター・マガジン)

新品価格
¥1,944から
(2019/4/20 12:14時点)

その名の通り、一日2小節の短いトレーニングが365日分収録されているというもの。

わかりやすく言うと、漢字ドリルや英語ドリルのありそうで無かったギター版だ。

 

f:id:evange-cr-c89e:20190420121615j:plain

こんな感じの課題がズラーッと収録されています。

これらをこなすことで、ピッキングとかリズム感とかコードチェンジとか、演奏に必要な基礎を1年間で習得しようというのがコンセプト。

 

さっそく取り組むも、予想通り第一週で早くも躓く。

全ての指を満遍なく使うトレーニングなんだけど、「えー・・・5弦7フレットを・・・えー・・・中指・・・テン♪えー・・・次は、えーと・・・4弦6フレットを・・・」

こんな感じである。目で見た情報を指の動きに変換できない。なんか探しとるでいかん!演奏なんてはるか遠くの話である。

皆最初はこんなもんですかね。自分は特別できないなんてことはないことを願う。

考えていてはダメだ!ギターは体で弾くのだ!

 

練習内容が退屈だとか、作業的だとか、これが出来るようになったからといってどうなるのか?という手厳しい意見もありましたし、楽しく練習できれば勿論それに越したことはないですが、スポーツにしろ勉強にしろ練習というものは地道で厳しいもの・・・。

練習を楽しめるレベルになるのにも、結局練習が必要なものです。

 

ラリーゲーやシューティングゲーと同じく、能力や才能というよりかは「どこまで付き合えるのか?」自分との戦いなのです。