一人舞台

ダメ人間より生まれるたわいの無い趣味と思考の数々

間違った練習をしとった!

「特にこのコードを押さえるときは、この指が引っかかりがちになりますので気をつけましょう!」

そう!そう!そう!そうなんですよぉ・・・!でも人体の構造的に指が曲がらない気がするのです・・・。

 

「親指は横に伸びることはまずありません!ネックの後ろで必ず縦に伸ばすようにしてください!」

えッ!?そうなの!?

 

「コードの練習はどうやるのかというと、初心者の方はねぇ、こう指を一本一本乗せていくんですよ」

まあ、そうなりますよね。

 

「でもそれじゃダメです!何千回やっても上手くはなりません!」

ゲェッーーー!!!

 

「最初は仕方がないわけですけど、慣れたらコードの形を作って置くこの練習をしてみてください。形を指が覚えるようにしてください!」

 

勿論最初から指南してもらえるのならその方が効率的ではありますが、躓いた辺りで教えてもらうと沢山の発見と驚きがあって記憶に残りやすいのかもしれない。

慣れてくると弦を押さえるのに力もいらなくなると。本当かなぁ。

プロの指の動きは実に滑らかで見ていて面白いんだけど、自分の指は曲がるようになってくれるのだろうか・・・。