一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

ひきこもりが思うあれやこれ

就労挫折支援

サポステを頼ってしばらく経ったけど、だんだん「いつもの調子」になりつつあるような感じがある。 見学に行った。すぐに受けるのか受けないのか返事を出せ!いや、そんな当日や翌日と、すぐに返事を出さなければいけないんですかね・・・。 面接の練習が必…

軟弱者

ゲームを辞め、ギターも辞め、プラモデルも辞めた(これは金銭的な面も大きいが) 何をしてもどんよりとした感情が湧いてきて楽しめない。むしろつらくなってくる。楽しむという感覚すら失いつつあるような。であれば、最初から「やらない」と決めた方が気が楽…

終わらせて楽になりたい

親は心配している、自分は味方だと言いつつ、ベッドにあったひきこもり関連の本を見つけて「うわ!なんだこれ!w」と嘲笑するし、その後見積もりに来た引っ越し業者には「この人プーですから、時間とか大丈夫です!」なんて言うんだ。暴力はいかんけど、衝動…

ひきこもりを脱出できる唯一の方法

なんていうキーワードを見つけたので、当事者であり素人である自分もアクセス数稼ぎという邪悪な目的のもと、何か書いてみようか。 まず「唯一」と縛る意味がわからない。原因一つとっても様々である。自分のように仕事がつらすぎて無理!という人もいれば、…

積極的にひきこもる

引っ越しのこともあって家具屋に親と行ってきたのだけど、祝日ということもあってか、恋人同士や家族連れが多い。 人の多さがストレスやら、自分を認めてくれる人が身近にいることが羨ましいやら、こんなん真っ当に生きていれば普通だぞ?みたいな空気がある…

ひきこもりの心の問題や認識はどう変えたらいいのか

職場見学の日程が決まったとメールが来たのが二日前。返事を出したのがさっきである。その間何度か電話があった。返事を出さなければ、出さなければと時間だけが過ぎてしまった。 これがいい話だと実感できれば、きっとすぐに返事を出しただろう。担当者も配…

ひきこもった原因

ひきこもりの原因。それも人それぞれなんだと思う。かつてはいじめや不登校からが多かっただろうし、本やネットで見る最近の傾向だと、パワハラ、不況で職を失う、中途採用についていけずなどだろうか。それよりもひきこもりの新規参入より高齢化の方がよく…

無能と発達障害

働いた時の無能っぷりと、「それ発達障害じゃない?」の親の一言から、通院してADHDになり、手帳3級も取得した。 だけど今にしても自分がそうなのか実感がわかない。何故なら、ネットの記事や本で書かれている程には酷くはないから。 忘れ物が多いわけではな…

結局のところ「働きたくない」

ついに見学の日程が決まってしまった。あまり気が進まない反面、他にどうすることもできずに停滞するのはもっと絶望的だろう。 心なしか、サポステの担当者の方がやる気に満ちているような気さえする。 今までいろいろ理由を考え、書いてきたけど結局のとこ…

つらさを引き受けるのには「物語」が必要だ

(多分)近々働くと思うんだけど、労働はつらいと誰もが認めるだろう。 生きるために、金を稼ぐために、というよりはるかに現在の生活水準を保つために働くのだ。他人がやりたくないことを金で代替するのであって、勿論楽しいはずがないし、やりがいを求めるの…

就労燃え尽き症

以前ネットの記事で、ひきこもりや困窮者の支援を行っているが、当事者が逃げてしまうという記事を見た。 不動産会社がやっていて、部屋を貸す代わりに生活保護を取れというなんだか胡散臭い話だったし、何より逃げた人の話や事情が一切書いてないので実態は…

すっかり諦めモード

自分のことを鑑みてみると「親の擁護ありきの甘えで腑抜け」だと思う。何事かを背負う覚悟も責任感も無いのだ。一番差し迫った問題だと就労になるだろう。 「何故意欲が無いのか?」それは欲や目標や他人からの刺激が無いからだと以前書いた。今となってはお…

ひきこもりの大問題

ひきこもりは甘えだ!と自分で自分を批判してみようと思う。間違いなく甘えの部分があるからだ。そんなことを考えていたらあるものが見えてきた・・・。 先ほどサポステから一件紹介したい企業があるから見学に行かないか?との連絡があった。調べると遠い・…

終わらない思春期

引っ越しの日まで刻一刻と迫ってくるなぁ。 環境の変化と、母とその友人との同居が単純にストレスであるし、距離が近くなれば、ああだこうだといろいろ言われるだろう。そして何より部屋の間取りを見たら隣の部屋と襖で繋がっているじゃないか・・・。これ、…

叱ってくれる人がいるとよかった

ここ最近の状況を何度か書いてきて、今ある選択肢としてはA型作業所で働くことと、陶磁器の職業訓練にいってスキルを身に着け、働くこと。 後者は仕事そのものはもしかしたら向いているかもしれないし、スキルを身に着けられることは魅力だけど、障碍者雇用…

後は決断なり、妥協なりするしかない

思えばいろんな支援を渡り歩いてきたけど、結局のところ必要なのは「妥協」なんだと思う。 重大な病気や障害はないけど、社会が恐ろしくて二の足をふんでいる。そういう人は支援に多いのではないだろうか。 支援って名前がついているから親身になって話を聞…

バカや無能に生きる価値はない!

前にも書いたけど、ハローワークインターネットサービスで求人を調べて見えた現実は「頭が悪くて、スキルの無い人は、誰にでもできて、低賃金で不安定な仕事しかない」ということだった。学問のすすめにもそのようにある。 障碍者雇用を考えているけど、あれ…

結局ハローワーク

世にはひきこもり支援や就労が難しい人の支援が沢山ある。 困窮している時に相談できる場所があることはありがたい・・・のだけど、「相談→集まり→訓練→ハローワークで職探し」というのが、いろんな支援を頼った経験のお決まりパターン。 結局ハローワークか…

自立に向けての設計はどこに相談すればいいのか

最近自立の問題ばかりを考えている。17日にサポステで自己肯定感のセミナーがあって参加するのだけど、30年間に積もり積もった自信の無さが数時間で解消できるわけがない。 そんなことより自立に向けてのスタートを誰かに頼らないといけないと確信している。…

親の呪縛から離れて自立を願う!

「さしあたり働くことを継続できればいい」 そればかりを考えてこれまでやってきたけど、引っ越しから親とその友人との同居の話が出てから「親の呪縛から離れて自立」が最重要課題になった。 自分にとって「働くことを継続」と「自立」との間には高い壁があ…

行動しても道は途切れている

一度ひきこもると行動を起こすのがとても大変じゃないですか。本なりネット記事なりブログなりを見てもそのようにある。 物のわかった人は言う「行動することが大事!」と。ま、言っちゃなんですけど、自分はこれまで行動を起こしてきたわけだ。ハローワーク…

かまってほしい

これまでも、今でも親の無理解に後悔したことは少なくない。 話なんてロクに聞いてくれず、ポロっと弱音が出ては「どうすんの!どうすんの!どうすんの!」と呪いの言葉をぶつけてくる。 そんなやり取りに心底うんざりし、自己嫌悪してきたけど何故繰り返す…

家族の嫌なところ

悩みや相談を聞き入れてもらえなかったとき、それが他人なら「しかたがない」と諦められる。 でも家族だとそれが大変難しい。抑えていても感情が出てくるし、何より「期待」があるように思う。 その通りになったことなんて一度もないのに、何度も繰り返して…

ひきこもりと働くことと一人暮らしと

更に事態は悪くなった。今は県営住宅に一人でいるのだけど、家賃が高いのでそれを引き払い、中古の家に母とその友人と住むことが1月に決まった。 こんな気まずい話は嫌なので、一人暮らしまで持ち上げたいと最初に若者サポートステーションを頼った時から願…

内側からしか語られないひきこもり

巷には様々なひきこもり関係の書籍で溢れている。ひきこもりとは何かを語ったり、家族や当人に対するケアの考え方だったり、社会への警告だったり、社会復帰の道筋だったり。ある種の白けを禁じ得ない。 思うにどれだけ本を出しても、どれだけ訴えても社会の…

家族の背後に「世間を見る」

恐れていた役員がついに回ってきたし、八日には若者サポートステーションとの求人の相談がある。またそのことで親があれこれ聞いてくるだろう。なんかもう一度に降りかかってきて、不安とストレスが酷い。 依然決定の根拠が無いし、採用されたとして上手くや…

就労支援よりひきこもり支援

通院先のでのケースワーカーさんとの相談とか、若者サポートステーションの面談の中で、A型作業所の話がちょこちょこ出た。雇用契約を結び、最低賃金を貰いつつ軽作業に勤しむと。 あれのひきこもり版があったらいいなぁと思う。これまで集まりに参加して悩…

ひきこもりからワーキングプアへ

最近ニュースを見ても「働けども、働けども、我が暮らし楽にならず」というような話が多い。 コメント欄も嘆きの話が多くて、そういう人が他方で人を攻撃しているのではないかと邪推してします。余裕のない弱者同士で争うのが世の常である。 さて、こんな状…

ビジネスか人情か

明日、若者サポートステーションの面談があるわけですよ。恐らく職場見学とか体験就労とか、サポステを利用するなら何をするかというような話が出るだろう。 「やったぞ!君にぴったりの職場がある!」ってなって、そのまま安心就労・・・なんていうのは単な…

ひきこもり悪循環システム

何故ひきこもりは長期化しやすいのか。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。