一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

ひきこもりが思うあれやこれ

個人的に思う、ひきこもりの世間の認識

世のひきこもり当事者たちが、何が切っ掛けで、何を思ってひきこもり続けるのかは会ったことが無いので、ブログや本で推し量るしかないけど、共通するのはきっと「社会にノックアウトされた」これに尽きるでしょう。 仕事とか人間関係とかについていけずに、…

神経質ひきこもり

この時期に散歩に出かけると日没でも人が多いと感じる。 日中は暑いし、池の周りを歩ける散歩コースということもあってか人が集結するのだろうか。 多いと言っても20人前後くらいで、一般的な人であれば特に何も思わないでしょう。しかし、自分には若干スト…

ひきこもりサクセスストーリー

は就労ってことになるのですかね。働くことを恐れ、人間を恐れ、働いても仕事ができない、長続きしないで、長らく社会から断絶していた人がなんと「再び働きに出た!」となれば、当事者と周辺からすると大事なのはわからなくもない。 だけど、一般社会からす…

ひきこもりこそ趣味に明け暮れるべきだ!

いや、正直に言うと働いた方が良い。当然だ!しかしすぐには無理そうなら、良くも悪くもバカになるべきだ! 世にはひきこもり属性を利用して、なんだかんだ発言が注目され、活動家になって飯のタネにできる人もいるが、そうでない人の方が多いでしょう。 周…

何か欲しいものや必要なものがあっても

「お金無いからいいか」と簡単に諦めてしまえるのは、ひきこもりの良いことなのか悲しいことなのか・・・。働くことのつらさと天秤にかけてしまうよね。

ずっとこのままではいられない

最近思うのは「ずっとこのままではいられない」ということ。 望むと望まざるとに関わらず、変化が来るだろう。そしてそれは「嫌な変化」だ。 良い変化なら悩むまでもない、その時にさっさと行動すればいいだけ。そうでないから受け入れがたく、大いに悩む。 …

思考を止めたくなる

自分の無能さ、長期間ひきこもり状態でいたせいか、社会に出ることが難しくなる。比較が恐ろしい。見下されるのではないか?軽蔑されるのではないか?周り皆が優秀で、自分だけができない状態は自己愛を拗らせた自分には耐えがたいだろう。 そんなことに悩み…

何故ひきこもるのか?

本を読んでいたら、「何故ひきこもるのか?それは自己防衛からだ」とあって、ほんとそうだよなぁ・・・と思いました。はい。

子供部屋おじさん

無能な上に、生きるのが下手だとこうなります。 最近親に会う度にそれを強く意識してしまって、本当にみっともなく思う。 だけどね、空白期間も長くなってしまって社会に出ていくことや人間関係の不安。 また失敗し続け、毎日のように怒られ続けるのではない…

ひきこもりが長期化すると

自分自身や世間の実態がわからなくなってこないですか? 人間関係が家族以外断絶し、何の社会的役割も与えられていない。自分が今こうしていても、苦悩していても、何ら社会には影響は無く回っているわけですよ。「あれ、自分って全く必要ないよぁ・・・」と…

近状報告 2021/6/20

またすっかり停滞した感が出てきた。ケースワーカーさんの相談に通っていたものの、相談は相談以上には成りえず、9月頃になると各種デイケアが再開する予定だから、そこから始めてみては?という所で止まってしまった。 相談に行くときにはいつも思う。「今…

自分は無価値だ

最後に仕事を辞めてからどのくらいたっただろうか。 30を過ぎ、特に資格も無く、何かこれといった能力も無い。学生時代には勉強と人間関係に苦しみ、それが終わると今度は仕事がつらくて続けられない。 こうしている間にも社会に出ていく若い人はいるわけで…

伝えることの難しさ

先日通院先のケースワーカーさんに相談に行ったことは書いたし、相談それ自体がとても難しいことも以前に書いた。 先日の件でも生活保護受給の手順はともかく、自分の内面的なことについてはやはり難しいという印象は変えられなかった。 なるべく簡潔に伝え…

責任を負う覚悟が持てない

もし生活保護を受けるならということで、段取りを聞きに通院先のケースワーカーさんの所へ行ってきた。 こんなんでも一応「働けるなら働いた方が良いよね」という気持ちはあるので、そのことも相談してきた。 それですぐに働くか否かも含めていろいろ選択肢…

承認欲求について個人的に思うこと

個人的に思うことがあって、「他人に認められたい」「優れていたい」「褒められたい」とかって、承認欲求って言われるじゃないですか。 自分もそうなんですけど、そういう人って「孤独」じゃないですか?周りに人がいても、「なんかね・・・」みたいな。自分…

生活保護を受けるべきか

ひきこもり問題に関心がおありな一人舞台読者様。いかがお過ごしでしょうか。 (というかいるのかな?でも先日星をくれた人や熱心?に閲覧してくれた方がいましたので、ある種の人は関心がある・・・ない?) 解決できない根強い抵抗感、経済的な問題・・・。…

親に対する軽蔑心

つい昨日の事である。母と一緒に祖母の家へ向かう途中、今年定年退職した祖母と同居し続けている叔父に対する妬みのような不満を呟いていた。 「何が60で定年だ!こっちは体調崩しながらも働いているのに!60とか早過ぎるだろ!65まで働け!」とか「一日中暇…

役所で「人間」を思い出す

今日、自立支援受給者証の再発行のために役所に行ってきた。使ってはないのだけど、というかデイケアが無期限休止で使っていなかったから、更新をすっかり忘れていたのだ。 申請中いろいろ聞かれたり、やり取りがあるんだけど、自分が人間であったことを思い…

孤立は自分の実存を危うくさせる

基本的には一人でいたいし、人付き合いや集団生活は苦手で嫌な思いをすることも、させることもあるでしょう。気を使って仕方がない。 だけどもずっと一人で孤立はやっぱり寂しい。世界観が恐ろしく狭くなる。たまには誰かに会って「いつまでそうしているんだ…

続、何故働きたくないのか

前にも同じような事を書いたと思うのだけど、また少し視点が変わってきたので書いてみようと思う。 ずばり「既に出来ている流れ、枠組みの中に入っていく不安と恐怖感」これではないかと思う。 特に自分は今まで何をやってもダメで、そういう無力感で一杯だ…

最後に充実していたのはいつだったか

もう長いこと悩むか不安になるかで「楽しんでいない」気がする。 楽しいとか充実するとか、それって何だっけ?とそんな感じが致します。 というか自分の人生において、充実していた時なんてあったのか。 尤も無職だけど「毎日充実しています!」なんていった…

差別的な扱いも仕方がない・・・ような気はする

無職であるとか、ひきこもりというだけである種の差別的な扱いを受けることに悲しみや孤独感、憤慨しつつも「でも、しょうがないよなぁ・・・」とも思ってしまう。 何度も「ひとそれぞれ事情はある」と書いてきましたが、そんなの伝わらないし、これに限らず…

事情は人それぞれあるんですよ

一人で悩み続けるのは毒ですし、また解決にも繋がらない。以前通っていた就労支援デイケアはひょっとしたら後数年は中止であるのではないだろうかとも思えるありさま・・・。 これはまずいと、ここ最近通院先のケースワーカーさんの相談を利用しているのだけ…

相談とは一体・・・

これまで病院やら支援施設の「相談所」などで、悩みや問題を聴いてもらって違和感を覚えていたが、上手く言い表せなかった。 自分の思う相談というのは、まず「悩みや問題のテーマを決めて」それを相談相手に伝える。 聞いた相手はそれにそって「質問や対話…

決める根拠が無い

ケースワーカーさんに相談に行くとか書いたような書いてないような。 それで、今日を含めてケースワーカーさんの相談に2回行ってきまして、当初の不安「話を聴いてもらえるか」という面に関しては、とりあえず大丈夫かな?といった感じでした。「無理なく働…

生きていくのには「承認」が必要だ

承認欲求というと、あまり良い意味では捉えられないかもしれないけど、生きていくのに必要不可欠であると個人的には思う。 今回のケースワーカーさんの相談で一つ安心したのは、自分が認められたこと。 それまで「問題」としてしか見られず、会う人全員から…

ケースワーカーへ相談

本日行って参りました。当初は「話さなきゃ良かった」と後悔するのではないか?と危惧していましたが、とても感じの良い方でしたので安心しました。 しっかりと耳を傾けて相談に乗ってくれる女性、いや~素敵ですね! まあ、それはともかく今後通って自分の…

無条件の肯定的態度

30過ぎて情けない話ですが、親とのやりとり(まあそれに限らずですが)で本音を打ち明けることができたら、とりあえずそういう気持ちを把握してもらえたら、どれだけ楽だろうかといつも思う。 そうすれば毎度顔色を窺って嘘をつく必要はなくなる。嘘なんていう…

高校卒業間近のあの時

思い返すと小学生の頃から漠然と「自分は社会に出ても上手くやっていけないだろう」という不安があって、それは高校2年目くらいから一層大きくなっていった。 卒業間近になって、どうにもできない、言い出せない複雑な感情を抱えて周りには不貞腐れた態度を…

社会復帰するためには「焦り」よりも「安心感」

つくづく思うのはひきこもりが社会復帰するためには焦りからではなく、「安心感から」でないとダメだと思うのですよね。 新しい環境や人間関係に入っていくのに過去の経験から、不安や恐怖が大なり小なりあるでしょう。過去の経験はなにしろ重くのしかかる。…

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。