一人舞台

生きづらさに悩む、ダメ人間の「日記」

生き辛さに悩むダメ人間の「日記」

ミニ四駆関連

サイクロンマグナムTRF

何年か前に買ったんだけど、捨ててしまったのでもう一度。 古いキットを作っていて思ったのが、シールの精度が悪い! あっちを合わせれば、こっちが。こっちを合わせれば、あっちが。となってピッタリ、ストレス無く貼るのが不可能に近い。そもそもボディの…

ミニ四駆を取り戻せ

取り戻すというか、買い戻すというか。怒りに任せるとロクなことがないいい例です・・・。 ゲームのセーブデータを消して、もう一回最初からやり直す気分です。 で、リアルミニ四駆の在庫はまだありますか!?と例の寂れ模型店に問い合わせたら、プロトセイ…

大量のボールベアリング

ミニ四駆の車軸にボールベアリングを使いたい。速度の向上よりは、タイヤ交換の際に穴にグリスが付いて緩々になったり、グリスで手が汚れなくて済むからだ。 しかし高い。一番しょぼい丸穴ボールベアリングなら800円ちょっとだけど、やはりアップグレードす…

オーバルホームサーキットにストレートを増設

以前オーバルホームサーキットのセクションは単品では買えないと書きましたが、説明書を見たらアフターサービスで買えました。 ストレートセクション1210円×2 代引き手数料330円 計2750円 注文した次の日には到着する異様な早さ。値段も合計3000円強はいくと…

ミニ四駆用ラップタイマースタンドの自作

タイムを計れる便利な物ですが、付属のステーが使いづらい。 コースの脇に粘着テープでステーと本体を固定するものなんですが、オーバルホームサーキットだと重さに負けて倒れますし、片づける時には毎回外さなけらばならず、粘着力が弱った時にはテープを交…

フロントアンダーガードの良し悪し

このオレンジの魔物を攻略すべく、フロントアンダーガ―ドを導入。 穴を空けることに抵抗がなければ、スーパー1シャーシにも取り付け可能! 脆弱なことで有名なフロントバンパーをがっちり強化できます。 実際結構優秀なパーツで、コースの壁に乗り上げてもし…

ラップタイマーでミニ四駆のタイムを計測!

leadなるメーカーのミニ四駆用のラップタイマーを買ってみました。 これを導入することで、今まで「コースアウトしないように走る」から「更に最速を目指す!」走りに生まれ変わるので、無くてはならない存在です。 設置方法は恐らくかつてタミヤから出てい…

マックスブレイカー ブラックスペシャル

最近ミニ四駆ネタが増えてきたような。なにしろ組み立て簡単、塗装もボディだけで済みますし、一台800円程度で買えてしまうから、ついついと・・・。 以前から気になっていて、ようやく再入荷にありついたのを完成させた。 どうでしょう!これはかなりカッコ…

ARシャーシブレーキ

レーンチェンジに悩みつつも、買った以上楽しむ。楽しみ方を研究する。 クソゲーを掴まされた小学生が、「なんにせよ貴重なゲームだから」と意地でもプレイするそんな感じである。 クソゲーで例えるのは失礼かもしれないが、そんな心情に近いのである! で、…

2レーン立体レーンチェンジの問題点 その3

しつこいようですが、もう落胆に変わってきたし、2レーンか3レーンのどちらを買うか悩んでいる人が見るかもしれないから書いておこう。 リアが擦る問題は「ドライブシャフトより下にパーツを付けいない」 フロントが擦る問題は「大径タイヤを使うか、テープ…

2レーン立体レーンチェンジの問題点 その2

前回リア下段ローラーのビス頭が接触していたことに気が付いたが、もっと根本的な問題に気が付いた。 レーンチェンジを通る際、何やら「ガッ!ガタッ!」と異音がする・・・。 調べてみると バンパー下部が削れとる・・・! 手で動かして確認してみるとモロ…

レーサーミニ四駆 しろくまっこ

ようやく完成!何度経験しても、この「完成!」っていう感じはいいもんです。 結構走らせていたので、すっかりタイヤが汚れてしまった。以前には無かった悩みである! 「清涼感を出そう」ということで、水色だったところ(ウイングのサイドと後輪部)をメタ…

リアルミニ四駆 スピンバイパー、ディオマースネロの再販

阿漕な広告タイム!なんだかんだ言って売り上げがあったのだ。問題はそれが確定されるかどうか。また散々待たされた挙句、謎の没収になるような気がしてならない。 さて、2月のバックブレーダーから続くリアルミニ四駆の再販ラッシュが続いていて、遂にスピ…

プラズマダッシュ!!

以前モーターは「ノーマルしか持っていない」と書きましたが、思い出した。そういえば一つあった。 よりによってこれだ。タミヤが出した最高スペックのモーター「プラズマダッシュモーター」公式大会では使用禁止。 ノーマルの駆動音が「シャアァァ!」だと…

2レーン立体レーンチェンジの問題点

しばらく遊んでいて、「何かがおかしい・・・」と感じたので調べてみたら 写真だとわかりにくいのですが、レーンチェンジに侵入する際、リア下段のローラーが路面に接触して後輪が浮いとる! 正確に言うとネジ頭が接触しています。 説明書通りに組み立てたの…

悩みに悩んだ末

結局買っちゃった。うじうじ悩むより、買ってしまえ!と。後悔するなら買ってから後悔しろ!と。 オーバルホームサーキット。 人生で初めてミニ四駆をコースで走らせた。ミニ四駆本来の姿を見るのは感慨深いものがあります。 お金を貯めて、ジャパンカップジ…

例の物を手に入れてきました

リアルミニ四駆バイスイントルーダー 子供の当時持っていましたが、自分が知る限り今回が初の再販のはず。実に22年ぶりである! 前回のバックブレーダーの時と同じく、買おうかな、どうしようかななんて考えている内に予約が締め切りになってしまったので、…

やっと終わったでげす

一旦手に付けてしまえばトントン拍子に進むのだが、そこから休みを挟むと今度がまた今度にと、どんどん遠のき、終いに忘れるということが結構ありがちな気がする。 特別凝ったわけでもないのに、7月に買ってようやく完成した。 「パールブルースペシャル」と…

いけたらいくでげすッ!!

リアルミニ四駆製作もこれで三代目となります。スピンコブラ。ボンネットの開閉ギミック付き。 シールが浮いたり、シワになっているのは仕様でげす。運命でげす。 以前シルバーがざらついた件について書きまして、念の為に薄めに希釈したのに何故?という感…

シールがダメでげす

だいぶ形になってきた。 後はボンネットの取り付け。 細部とシャーシの塗装で完成。 もう嫌だ。シール嫌過ぎる。 今まで制作してきた中で一番難しいかもしれない。 キツイ曲面に紙のシールが馴染まない。浮いてくる。さらにはノリが経年劣化で粘着力が無く、…

あなたの発想次第で走らせることが出来る!そう、リアルミニ四駆ならね

リアルミニ四駆製作第3段「スピンコブラ」 第1段「ディオマース・ネロ」 シールの切り貼りが大変でした。 第2弾「プロトセイバーエヴォリューション」 シールがちぎれました。 ミニ四駆のシールにいい思い出はありません。 記憶に間違いがなければ、リアルミ…

エヴォリューションッ! パキッ!ああッ!

一度でも放置するとずるずると行ってしまう事が前回わかったので、ボディはサボらず制作。 やっと完成した。他愛もないことだけど、何だか一仕事終えたような気分だ。 ところどころ見苦しい箇所があるけれど、もう知らん!

EVO

いつしかその存在を忘れておりました。 シャーシと小物までが完成。 どうもメッキ面への塗料の乗りが悪く、面倒ながらもメッキを剥がすことに。 ところどころ自己解釈が入っていますが、ちょっと青がくどいような・・・。 裏側は塗装の指定すらないので、適…

クソ親父!自分勝手もいい加減にしろ!

ついでにガンブラスタークスコスペシャルも制作。 何度も言いますよ!コースは持っていませんし、走らせる予定も無いのです。 漫画の彼は若干大人びていて、若干荒っぽかった。 ミニ四駆に変なチップを搭載するのはやめましょう。 取り返しのつかない事にな…

君の手が動力となり!口がエンジン音となるのだ!

その昔、ブーブープレイに完全対応した「リアルミニ四駆」なるものがありました。 その未来的なデザインに心奪われ、当時小学生だった自分は確かスピンコブラ以外は皆持っていたような気がします。 色を塗らないとボディが無色透明でシールを張るとかえって…

とんでもねぇ奴だと思っていたけど

アイツもミニ四レーサーだったんだ・・・。 許してやってくれ。 半年程前、友人とミニ四駆の話題になって「ディオマース・ネロ?なんだっけ、え~と、あのプロペラみたいに回転して空飛ぶやつ?」とか言われて 「プロペラ?確かに回転するパーツはあるけどプ…

走れねぇミニ四駆はただのミニ四駆だ・・・

ようやくシャーシの塗装が終了。 裏側も適当に塗装

人はボーっとしている時にこそ、画期的なアイディアを思いつくそうです

その時が来た! 今までバカみたいにボディが!内部メカが!と言ってきましたが、どういう事かと言うと 通常ミニ四駆って、ボディとシャーシの二層構造になっているんですが、こいつはボディ→メカパーツ→シャーシの3層構造になっていて、ボディを真ん中の縦…

走らないだと?うるせぇ!手で押してブー♪ブー♪するんだよッ!

走らないと文句を言う奴は、コミック5巻の52ページのJ君を見習った方がいい! その昔、ディスプレイタイプと称し走行しない「リアルミニ四駆」なるものがありました。 自分も小学生の時に幾つか持っていました。 走行しないことでウケが悪かったのか、6種…

つべこべ言わず!目指せ!ホライゾン!

いいから筆を持て!そして塗れッ!!! ようやくダッシュ1号・エンペラーを完成させる事が出来ました。 フルカウルに比べて部分塗装をしないといけない箇所が多くて、結構大変ですね。 それにしてもコレ、発売当初はかなり人気出たんじゃないですかね。