一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

あんまり変わらないような・・・

あくまで心理的な面の事なんですが、ニートしていた時に感じたことは「とにかく毎日過行く時が早い」ということでした。

よくありがちな「一日を無為に過ごしてしまった」というような自責の念?はそれほどありませんでしたが、日々の流れが早く感じるなぁと。

それから仕事に就いてみても、やっぱり早いぞと。

工場での作業に就いていて、上司もルーチンワークとかなんとか仰ってますが、なんか人生そのものがルーチン、「ルーチンライフ」になっております。

それで思い出したのですが、以前なんかのブログで工場での作業を経験した人が「工場での作業は一日中立ちっぱなしで、延々と同じような作業をひたすら続けるとか退屈極まる!地獄や!」とか書いてありまして、思わず吹き出したことがありました。

 

で、くたくたになって20時過ぎに帰り、動きたくねぇとネットサーフィンで時間を潰し、眠って、気が付いたら仕事へ・・・。

なんだこの毎日は・・・!

そんな毎日でも何か肯定できる部分があるといいんですが、現実問題難しいところですね。

いや~朝を迎えることが、なんと憂鬱なことか。

 

人生充実させようなんて考えだすと、結構難しいぜ?

なんてったって、社会や会社の歯車みたいなもんだからな。

エヴァンジェ君なんとかできるのか!?

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。