一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

続・歩行者信号

さて、前回は個人の問題であったけど、今回は相手も人間なので一層対処が難しい。

横断歩道を渡ろうとする時に、カーブを曲がろうとする車と鉢合わせる。

そのまま曲がってくれればいい。しかし、止まった時は、さてどうするか・・・。

 

A案

「さっさと曲がってくれ」と手で合図する。

しかし、なんかだか感じ悪い気も・・・。

 

B案

「沈黙の意思表示」

楽ではあるけれど「お前は渡るのか!」「お前は曲がるのか!」みたいになって、お互いストレスだ・・・。

 

C案

「急いで渡る」

ある意味一番自然な流れである。

しかし、前回と同様の問題を含むので、できれば避けたいし、あまり車の事を信用し過ぎると思わぬ事故も・・・。

 

特に横断歩道を渡るときなんかは歩行者優先で、相手の方も譲ってくれているのかもしれませんが、急かされるのが嫌で、基本的に先に行ってほしいので本当に難しい。

スムーズに渡れるいい方法はないもんか。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。