一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

偉大な60fps

DiRT Rallyで60fpsを体感した後だとセバスチャン・ローブラリーEVOが非常に辛くなる。

あまりに動きがガックガクで常にラグが発生しているみたいで酔う・・・。

30fps固定にしたSEGA RALLY2の方が滑らかに感じるくらいなので相当なのだろう。

当初から気になっていたハンドルの感度設定が無いのも非常に痛い。

DiRT Rallyで試行錯誤してようやく作り上げた感度のお陰でプレイしやすくなっていたのが、ローブラリーEVOを始めたとたん右へ左へと暴れはじめてパッドでは制御が困難である。SEGA RALLY2006の悪夢再び・・・。

こんな状況でイージー設定とは言え、よく各国の4日間のレースを勝つトロフィーが取れたものだ。

1日2レース×4日で総合順位が1位だとトロフィーが取得できる。修理時間も限られ、常にダメージを背負って戦うので結構難しい。

 

ハンドル型コントラローラーやPS4Proがあれば状況も変わるかもしれないけれど、そこまでするのもねぇ・・・。

アップデートで感度調節と画質を下げてもいいから60fpsの設定でも追加されないか。

されないよなぁ。

 

特に英語に抵抗がなければ、やはりDiRT Rallyを選択する方がいいかもしれない。

こっちならパッドでも結構イケる。ハンドル型コントローラーは使ったことがないけれど。

 

 

 

 

セバスチャン・ローブ ラリー EVO - PS4

セバスチャン・ローブ ラリー EVO - PS4

 

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。