一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

伝えにくい真意

父の実家から送られてきた手作りの餅が、今も冷凍庫に残っているんだ。コレが毎年来る。自分としては餅は好ましいものではないし、冷凍庫を圧迫するのだ。

母にぼやいたら「余計な事を言わんでいい」と怒られてしまった。

そういう人たちは善意や無償の愛だと思ってやっているんじゃないだろうか。

しかしその実、無償ではないんじゃないかと邪推する・・・。

善意でやっているのを要らないと言われると、人格が否定されるような感じってないだろうか?

要らないと言われることで「善意を否定された」つまり「嫌われている」に変換される。

本当に善意や無償であるならば、いらないと言われたって「あ、そう」くらいにしか感じないでしょう。

自覚があるのかどうかわからないけれど、実際には感謝されることを期待しているのではないか。

「善意なのだから受け取れ!」

だからそういう人に「必要無いものは要らない」という意味を伝えるのが凄く難しい。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。