一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

MDR-DS1000の修理

ジャック部分が壊れてしまったので、市販部品と交換してみた。

8年程使ってきたサラウンドヘッドホンアンプ「MDR-DS1000」のヘッドホン端子が砕けてしまった。

前からヒビが入っていたのを騙し騙し使っていたのだけど、ついにその時が来てしまった・・・。

というわけで修理。

秋月電子で買える

3.5mmステレオミニジャックMJ-074N パネル取付用

という部品を使用。

 

f:id:evange-cr-c89e:20180125172716j:plain

 

同じ形状のパーツを探してみたけれど、見つからなかったのでコレで代用。

金属製なので耐久性も高い・・・のかもしれない。

かなりキチキチになってしまったが動作は問題なし。独り身だし、片側だけ修理すれば十分でしょう。

 

 

 

ついでにXRGB3も修理

 

f:id:evange-cr-c89e:20180125173002j:plain

 

中古で買った時から、ジャックが潰れており「美品と言いながら、とんでもないものを送ってきやがった!」と憤慨するも、使えないことはなかったので、そのまま放置していたのをついでに修理。

こちらも同じ形状がなかったので代用品でカバー。サイズが合わず、削って修正するも、それでも大きかったので無理やりはめて解決・・・。

 

修理する方が面白いし、買い直すとまた何万と飛ぶこともあるので、ちょっとした修理の技術があると非常に便利である。

特にアンプの方は今となっては貴重品なので大事に使いたいものです。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。