一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

申請に行ってきました

というより、その前段階と言った方が正しい。

しかしまあ電車に乗った際、どうして学生というのはああも落ち着きがないのか。全員いい年した高校生なんだよ。

大声でしゃべり続けうるさいし、狭い通路や階段でふざけ合って走り回るもんだから、危ない危ない。

大抵そういうのは男のやる事だと思うでしょう?そこに男女の差は無かったよ・・・。

 

着いたら着いたで、先方が4時なら空いているというから予約したのに、それから2時間近く待たされてしまった。

特別混雑なんかしていなかったし、一人で診るわけじゃないですか。

診察30分前辺りなんか自分一人しかいなかったのだが・・・。

 

診察が始まっても、待たせて悪かったという一言もない。さも当然という感じだったけど、他ならぬあなたが「4時で」と言ったんですけど。

向こうにも事情はあるだろうし、10分15分くらいならともかく、怒りますよ。

 

診察そのもの非常に淡々とした感じですよ。

いろいろ相談したいことがあったので、話しかけるんですけど、「あ~」とか「うん」みたいな短い返事で一言二言で会話を終わらされてしまう。

挫折した例のグループの卒業者はその後どうしていますか?と聞いても「まあ、人それぞれですから・・・」で済まされる。

そんなこと言われなくともわかっとる!抽象的過ぎる!

確かにプライベートな問題であるから、あまり詳しくは言えないだろうけれど、あの参加者の中の何人かは、あの人の担当だった人がいる筈だ。

自転車屋のアルバイト時代、会話はキャッチボールだ!客との会話をもっと真剣に取り組め!と散々注意されたが、あの先生にはそれが通用しない。

とっとと終わらせたいのでは?と考えてしまう。そんなもんだから、もっといろいろ話したいことがあったように思うんだけど、迷惑なんじゃないかと気を遣い、言葉を飲んでしまった。

 

どうしてこう頼る施設皆、職員が信頼のおけない人ばかりなのか・・・。

運が悪いのか、そういう人を引き寄せる何かが自分にあるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。