一人舞台

生きづらさに悩む、ダメ人間の「日記」

生き辛さに悩むダメ人間の「日記」

ダメ人間

発達障害の就職に関しての記事があって、読んで見ると当人は勿論、面倒を見る上司もやられちゃう人が多いらしい・・・。

 

思えば自分もどこの職場に行っても「何回同じことを言わせれば!」とか「そんなに人を怒らせたいのか!」とか上司を怒らせた話に関しては尽きることが無い。

確かにいい加減な気持ちでやっていたこともあるんだけど、反省して真面目にやろうと決意しても大して状況が変えられなかったことに胸が痛む。

工場勤務と相性が悪いのか、一度目と二度目の両方で上司を怒らせまくっていた。

随分迷惑かけちゃったんだろうなぁ・・・と時々思い返す。

自分という存在が既に罪深き人間なのではないか。

 

自転車屋でのバイト時代に「いかんせんエヴァンジェ君は頭悪いんだよなぁ・・・」と言われ、その数年後工場で働い時にも「頭良さそうに見えて意外とバカなんだねぇ」と言われた時には「ここでも言われたか!」と情けないやら悲しいやら笑って誤魔化すしかできなかった。

確かに要領悪いし、学業成績もてんでダメだったので言い返せなかった。

 

何か秀でた能力のある発達障害者の話があるけど、そのレベルに達している人はいいよ。何の取りえも無いし、自信の持てる事も無いし、こうなると自分の人生をどういう風に進めていくと良いのか本当にわからない。

 

古くは学校生活から就職までずっと落ちこぼれていたわけで、そんな過去を思い返し「さあ!就職頑張ろう!仕事を頑張ろう!人間関係を頑張ろう!」なんて考えられる人がどこの世界にいるんだろうか。

この先もずっと同じことを繰り返し、悩み続けていく未来しか感じられないんだね。

 

よく「理解さえあれば」なんて言うけど、理解ってなんだと。

抽象的過ぎて意味がわからない。