一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

酒を飲まないなんて人生半分を損している。

とかいう記事があって、安達祐実氏が反論、コメントにも「価値観は人それぞれだ!」とかいう内容で溢れていた。

それはどうでもいいのですよ。それよりも「半分」って何だ?ということの方が気になる。

「酒の美味さを味わえないなんて、君はかわいそうなやつだ」ならわかるんだ。

人生の「半分」が「損」になるってなんなんだ・・・?

さっき一時間程散歩に出かけていて、ずっと考えていたのだがわからない。

散歩に出かけるとわけのわからないことを考えてしまう。

 

例えば80歳まで生きるとして、40年間損しているのだろうか?

人生そのものに対して損なんだろうか?人生の娯楽に対して損なんだろうか?

100の娯楽ってなんだ?この世の全て、人間が娯楽だと感じられるもの全てが100で酒を飲まないと、その半分が損になるってことだろうか?

そりゃどうだい。大げさ過ぎるでしょ。

 

何が損になるんだろう?味を楽しめないことが?

しかし、元々酒を飲まない人にとっては、そもそも「損」にならない。

自分は酒は飲まないのだけど、今28だから少なくとも8年間損をしていたことになる。

「何が?」と考えるとわからないんですよ。他に娯楽はいくらでもあるし、その半分が「酒」だとは思えませんから。

 

酒を飲まないと・・・

酒代がかからないし、健康のリスクも防げる。飲み過ぎて同じ話を何度もしたり、変に絡んで迷惑をかけたり、ゲロを吐いたり、酒の匂いで敬遠されることもない。

寧ろ飲まない方が得じゃないか。

 

しかし、「半分」とはなんなんだろうか・・・?何故「半分」と限定したんだろう?わからない。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。