一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

人の価値

人の価値は、何の仕事に就いているか、どれだけ稼いだか。これで決まる。

何だかそう思えてならない・・・。どことなく、そんな価値観の中に入ってしまっているような気がする。

 

自分より稼ぎのある人を見れば羨むし、逆なら見下したりしないだろうか?

バイトや契約社員を心の底では軽んじてはいないだろうか?

そういう人たちは、会社の意向一つで首が飛ぶ。

自分が地位の高い役職に就いていたら、それより下の人を見下さないまでも、優越感を覚えたりしないだろうか?

自分はあの人とは違うと考えたことは?安堵を感じたことは?

逆なら劣等感を覚えないだろうか?

 

仕事のできない奴が何を言ってんの!使えん奴だ!価値が無い!

貧乏人が何言ってんの!贅沢するな!

考えたことは?聞いたことは?

 

容姿や性格が良くても、「無職」「養ってもらっている」と聞いた途端どう思う?

 

今現在自分は職に就いてはいないわけですが、自分に何の価値があるんだろうかと時々考える。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。