一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

アクションフィギュアの関節の修理

特殊なプラ素材でできた、フィギュアの関節の修理に挑戦

数週間前に買った、中古アクションフィギュアの関節がねじ切れそうになっていた・・・。

固着に気づかず動かしてしまったのか、元からこんな状態だったのか、今となっては知る術はない。

プラモデルと違ってパーツ注文ができるとも思えないし、発売から7年近くも経過しているので修理も終了しているだろう。

となると自力で修理なんだけど、真鍮線で補強したいところ、サイズの問題で厳しい。おまけにPOMとかいう軟質樹脂のせいでさらに修理を難かしくしているのだ。さんざん悩んである方法を思いついた。

 

 

 

メイクアップ材 No.180 瞬間接着剤用プライマー(PP・PE・POM)

新品価格
¥529から
(2019/6/29 12:49時点)

 

 

 

これを使うとPOMを瞬間接着剤で接着できるようになる。ゼリー状の瞬間接着剤をパテの要領で盛り付ければいけるかも?と試みて、確かにしばらくは問題なかったが、さっき剥がれているのを確認した・・・。

強度不足か・・・どうすれば・・・。と更に思案し、思いついたのが布で補強する作戦。

 

 

 

f:id:evange-cr-c89e:20190629125324j:plain

 

 

 

ゼリー瞬着を盛り付け、そこに切った布を巻く、更に低粘土の瞬着で固めてみた。

このくらいであれば特に問題ないようだが、布に瞬着をつけると発熱するので、試みるときは自己責任でお願いします。

後は黒く塗って完成。思いの外がっちり固まり、組み立てて動かしても大丈夫そう。

関節パーツはABSでいいんじゃないかと思うんですけど、ダメなのか。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。