一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

相手にとっての有意義は、誰かにとっての無駄

人のやる事成す事に「無駄だ」とか「もっと有意義に時間を使え」だとか言う人がいるじゃないですか。

余計なお世話ですよ。そりゃ、そう言う人にとっては興味が無いのだから、無駄に感じて当然です。

どうもこう書き込んだり、言ってきたりする人は相手を下に見て、自負心を得ているように思えてならない。

でなければ、わざわざ口に出して人を不快な気分にさせるメリットなんてないでしょう。そう感じること自体は仕方がないことなので、心にしまっておけばよいものです。

 

その人にとっては無駄でも、他の誰かにとっては有意義なことなんて幾らでもあるはず。柔軟な思考を持ちたいものです。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。