一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

嘆かわしい親の姿

朝歩いていると、学校の前に大勢の人が並んでいていた。何かと思ってみると、運動会があるらしい。まだ、6時を過ぎたばかりだというのに。

反対側の道路に目をやると、自転車がなりふり構わずそこら中に止めてあった。

中でも酷いのが、歩道の出入り口を塞ぐようにして自転車が止めてあるのだ。

これが親のすることだろうか?そこに止めることが何を意味するのか、親になるような年齢でわからないのだろうか。これを見た子供はどのように育つであろうか。

邪魔なので蹴飛ばしたくなってくる。素通りした自分も同罪か・・・。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。