一人舞台

生きづらさに悩む、ひきこもりの「日記」

生き辛さに悩むひきこもりの「日記」

あなたにとって、一番未来の話じゃないか。

死にカタログ(だいわ文庫 D 339-1)

新品価格
¥715から
(2020/3/21 11:35時点)

 

同じ著者の「ラクガキ・マスター」という本から、著者の絵が好きになり、その縁で手に取ってみた本。

死に関する本を作ろうと思い立ち、国や宗教、古今東西の人物から映画や漫画のフィクション、そして死に場所、タイミング、理由、物語などの「死の在り方」を絵に描き起こして紹介していく内容。どちらかというと「絵本」に近いです。

 

いろんな状況を著者なりにかみ砕いて、絵にしていく画力というか、感性というかやっぱり凄い。羨ましいですね。

巻末なんかを見ると、この一冊ができるのに膨大な量の本やデータを参照していまして、本一冊作るのはとても大変なことなんだと思いました。

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。